いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: 著名人


    楽しんご(たのしんご、1979年3月15日 - )は、日本のお笑い芸人、整体師、実業家。 神奈川県横浜市保土ケ谷区に生まれる[要出典]。 中学時代に、なよなよした立ち居振る舞いが原因で不良グループに目を付けられいじめにあってしまう。その内容は、金銭を要求されて、それが出来なければカッターで唇を切られ
    31キロバイト (3,777 語) - 2021年12月5日 (日) 15:32


    てっきり干されていたのかと思ってました( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/29(水) 18:36:55.39

    12/29(水) 17:27
    日刊スポーツ

    楽しんご「マッサージは疲れたので、来年は芸能界で頑張りたい」
    東スポ「餃子フェスイベント」に参加した、左から楽しんご、電撃ネットワークの南部虎弾、電撃ネットワークのダンナ小柳、水城なつみ(撮影・中島郁夫)
    電撃ネットワークの南部虎弾(70)ダンナ小柳(54)タレント楽しんご(42)演歌歌手水城なつみ(27)らが29日、都内で、東京スポーツがプロデュースするギョーザのイベントに出演し、パフォーマンス合戦を繰り広げた。

    イベント前に取材に応じた南部は「今年7月に古希を迎えパーティーを開いたのですが東スポさんからギョーザを1000人分提供してもらい、喜んでもらいました。今日はそのお返しで参上しました」、小柳は「パーティーでギョーザを食べられなかったので、今日は食べに来ました」と話した。

    しんごは「マスコミは悪い記事ばかり書かれるのですが、東スポはいいことばかり書いてくれる。ギョーザは大好きで、にんにくも大好きでいつも5人前は食べます。昨日は名古屋で6人前を食べました」。マッサージ店を経営しているしんごだが、タレント渋谷りゅうきと「おいなり」というコンビを組んでいる。「マッサージは疲れたので、来年は芸能界で頑張りたい。フリーですのでよろしく」。来年1月には劇団桜舞の舞台「天狗の義」(13〜17日、東京・武蔵野芸能劇場)に、渋谷とともに出演するという。しんごが「新選組の舞台ですよ」と言うと、南部が「新選組にもゲイはいるよ」とツッこんでいた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c1e68c3c50f7a05938d90862718574e5435016d


    【楽しんご、芸能界復帰を仄めかす…】の続きを読む


    Mr.マリック(ミスターマリック、英語表記:Mr. Maric 。1949年〈昭和24年〉1月1日〈※ただし戸籍上に限り、実際の日付は1948年12月29日〉- )は、日本のマジシャン。本名・出生名は 松尾 昭(まつお あきら)。別名義として、栗間 太澄(くりま たすみ)と 松尾 幻燈斎( -
    40キロバイト (5,111 語) - 2021年11月23日 (火) 08:37


    最近見なくなったのはこのせいなのですね( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/19(日) 11:32:11.00

    12/19(日) 11:01配信
    週刊女性PRIME

    Mr.マリック

     かつて注目を集めた有名人に「ブレイク中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー。当事者だから見えた景色、聞こえてきた声、当時は言えなかった本音とは?  第33回は'80年代後半に「キテます! 」の決めゼリフで超魔術ブームを巻き起こしたMr.マリック。“ハンドパワー”でも治せなかった病と悩みとは――。

     バブル経済で日本中がイケイケだった'80年代後半に突如現れ、“超魔術”ブームを巻き起こしたMr.マリック。本格的にマジックを始めたキッカケは運命的な2つの出会いだった。

    「中学2年生のときに東海地区のテレビにも出ていた天才マジック少年が、僕のクラスに転校してきたんです。河原の小石を投げて、空中で消してしまうような大人顔負けの技術を持っていた子だったのですが、たまたま隣の席になって。それで休み時間になると、マジックを教えてもらうように」

     クラスメイトが簡単なマジックにも苦戦する中、なぜかマリックだけはすぐに次々と技を習得していった。

    「もともと素質があったんですかね。その男の子も僕を気に入ってくれて、アシスタントのようにマジックのイベントなどに連れていってくれるようになりました」

     別々の高校に進学したことでマジック少年とは疎遠になり始めたころ、近所の歯科医院にマジック業界でも有名な歯科医がインターンで赴任してきたという。

    「沢浩さんという有名なアマチュアマジシャンの方が、僕がよく見に行っていたマジックサークルにいたんです。話をしたところ、今度インターンで行く歯科医院が実家の近所ということがわかって、そこから毎日のように通って教わるようになりました」

     沢は歯科医だけあり、専門的な機械で作った道具を使う創作マジックで知られていた。そんな彼から、ノウハウを学ぶことに。

    「マジックの基礎を中学で学び、高校でオリジナリティの大切さを学びました。地元での偶然的な出会いが大きな財産になりましたね」

     しかしプロになれるとは思っていなかったこともあり、高校卒業後は瞬間湯沸かし器で知られるメーカーに就職。

    「新入社員は現場に出て、無言で黙々と作業をさせられるんです。そんな生活の息抜きだったのが、名古屋のデパートで行われていたマジック道具の実演販売を見ること。毎週のように通っていたら、ディーラーさんと仲よくなって。ある日、“販売員に空きが出るから、興味があるならやってみない?”と声をかけられて。退屈な日々を過ごしていたこともあり、二つ返事で転職しました」

     実演販売を始めると、再びマジック熱が高まりプロの世界に興味を持ち始める。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b910a879a7fd93e5911b0df6fea9549f92dc3c93


    【【悲報】Mr.マリック、ハンドパワーのストレスで体に支障を起こしていた…】の続きを読む


    ホリエモンは、日本の競走馬。現役時代は美浦トレーニングセンター・小檜山悟厩舎と高知競馬場・松木啓助厩舎に所属していた。 本馬はライブドアサイト上で馬名が公募され、2004年8月に決定。そこで最多得票を得たライブドア社長(当時)である堀江貴文のあだ名「ホリエモン」がそのまま馬名となっていることから話題になる。
    7キロバイト (733 語) - 2021年4月26日 (月) 08:47


    なにかしらのネタを仕込んでると信じたい( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/16(木) 20:27:34.11

    12/15(水) 15:06
    スポニチアネックス

    ホリエモン、宮迫経営の焼肉店に再忠告「『撤退すると*』って言ってたけど行く方が地獄ですよ」
    堀江貴文氏
     実業家の堀江貴文氏(49)が14日、自身のYouTubeチャンネル「堀江貴文 ホリエモン」を更新。元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)が経営している渋谷の焼肉店「牛宮城」に再忠告する場面があった。

     来年3月1日、ついにオープンが決まった「牛宮城」。宮迫は、今月11日に公開されたユーチューバー・ヒカル(30)との対談のなかで「『撤退すべき』ってことをいっぱい書かれるんやけど。今撤退したら、*ぜ、俺?前も地獄、後ろも地獄なんやけど、前の地獄は天国に向かう階段やから良いんですよ。後ろの地獄はもう何もないから」と、並々ならぬ決意を語っていた。

     堀江氏は、11月24日にアップされた動画で“肉のプロ”としての目線から「マジでヤバいです」「なんで相談してくれなかったのか」と危機感を示していたが、今月14日のライブ配信でも再忠告。「渋谷のあの席数埋めるのはマジで怖いよね。100人以上座れる箱でね、20〜30席だと努力すれば埋められるんだよ。100席だと、自動的に(客が)入ってこないとダメだから、難しいよね」と、指摘した。

     また、「宮迫さんが『撤退すると*』って言ってたけど、行く方が地獄だと思いますよ。ほとんど焼肉屋さん専業にならないと、宮迫さんが(店舗に)毎日いないとダメだと思う。他の仕事が何もできなくなっちゃうと思いますよ。120パーセント上手くいかないとは言わないけど、進んだら地獄ですよ」と、撤退を強く呼びかけていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e09055ee212f118783f5c1e051854dbf1ddead42

    ★1が立った日時:2021/12/15(水) 16:29:53.93

    前スレ
    ホリエモン、宮迫経営の焼肉店に再忠告「『撤退すると*』って言ってたけど行く方が地獄ですよ」★2 [鉄チーズ烏★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1639599100/


    【ホリエモン「地獄ですねwwww」】の続きを読む


    徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月3日〈戸籍上は3月10日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。元日本テレビアナウンサー。本名:德光 和夫(読み同じ)。 日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会
    59キロバイト (8,170 語) - 2021年11月12日 (金) 13:08


    金持てば…って夢を与えてくれる人(*'ω'*)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/11(土) 08:12:59.75

    12/11(土) 7:50配信
    スポーツ報知

    徳光和夫さん

     フリーアナウンサーの徳光和夫さんが11日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・午前5時)に生出演した。

     徳光さんは、衣料品通販大手ZOZO創業者・前澤友作氏が搭乗したロシアのソユーズ宇宙船「MS―20」が、日本時間8日午後10時41分に国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングに成功し、民間の日本人として初めてISSに滞在したことを話題にした。

     前澤氏の「宇宙旅行」に「100億円程度支払ったっていう話なんでありますけれども。人類は新たな宇宙利用の形を示したって評価する向きもあるようでありますけど」とした上で「なんなんだろうなぁ…やっぱり、我々の年になりますと、何も100億円費やして個人的な楽しみを満喫する、それを大騒ぎすることはないんじゃないかみたいなことを思ったりするんですけど」とコメントした。

     続けて「昔はお金のある人は、自分の名前を名乗らずにそっと寄付をするなんてことをいたしまして、そういったことはあったんですけど。それは人の勝手ですから結構なんですけど」と明かしていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/97fbb3e0e1575aad5a21af0b906b0a6362d6acb7


    【徳光和夫「100億円費やして個人的な楽しみ…大騒ぎすることない」 と前澤友作を批評wwww】の続きを読む


    前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年〈昭和50年〉11月22日 - )は、日本の実業家、起業家、ミュージシャン、YouTuber。株式会社スタートトゥデイ代表取締役社長、株式会社ZOZOファウンダー、公益財団法人現代芸術振興財団会長。血液型はO型。 2020年のフォーブス長者番付で世界1
    33キロバイト (4,259 語) - 2021年12月8日 (水) 09:10


    これは酷すぎる( ;∀;)

    1 ニート彗星(SB-iPhone) [US] :2021/12/08(水) 19:52:41.85


    ロケット打ち上げ前の訓練のため向かった
    ロシアへの入国は、すんなりとはいかなかった。
    持参した約1億円の腕時計が、“密輸品”と見なされ
    没収されてしまったのだ。

    日本政府関係者が言う。

    「入国時、前澤さんは高級腕時計を自身の腕に巻かず、
    預けたスタッフが箱に入れて持ち込もうとしたんですが、
    それがロシアの空港税関で密輸と見なされてしまった。
    当局は腕時計の定価を1億円と算定し、
    その30%に相当する関税と6千万円の罰金、
    あわせて9千万円を支払わないと返却しない、
    と前澤さん側に通告しているとか」

    没収されたのは、金額からして
    「リシャール・ミル トゥールビヨン ラファエル・ナダルモデルRM27-03」
    (定価9612万円)とみられる。
    テスラCEOのイーロン・マスク氏との
    “宇宙旅行の契約発表会見”でも着用していたモデルだ。
    初の宇宙旅行にも持参するつもりで持ち込んだという
    高級時計は、果たして無事に前澤氏の手元に戻ってきたのか。

    宇宙への出発直前、ロシアに滞在中の前澤氏へ国際電話をかけて尋ねてみると、

    「……その件、何にも話せないです、僕からは。
    日本とロシアの国の問題としてお話ししていただいているような状況で、
    僕の手を離れてしまっているのです」

    腕時計奪還のため前澤氏がとった行動などの詳細は
    12月9日発売の「週刊新潮」にて。

    画像

    (出典 i.imgur.com)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f24e3da977ab332f09f209d4af3e64777b860771


    【【悲報】前澤友作、1億円の腕時計を没収され返却に9000万を要求される…】の続きを読む


    三崎 優太(みさき ゆうた、1989年〈平成元年〉3月29日 -)は、日本の実業家。北海道北見市出身。 株式会社メディアハーツ(現:ファビウス株式会社)創業者。 現在は、株式会社みさきホールディングスの代表取締役。 北海道北見出身。クラーク記念国際高等学校を卒業後、株式会社メディアハーツを起業する。
    12キロバイト (1,290 語) - 2021年12月6日 (月) 11:23


    この人のシナリオ力がすごい(*'ω'*)

    1 伝説の田中c ★ :2021/12/05(日) 20:35:03.10

     青汁王子こと三崎優太氏(32)が2日、ツイッターを更新。若者の間ではやっている〝上司ガチャ〟に言及した。会社では上司を選べず上司次第で境遇が決まることを皮肉ったもので、親次第で境遇が決まる〝親ガチャ〟に続くネットスラングだ。

     この言葉に三崎氏は「上司ガチャとか文句言ってるやつ見ると虫唾が走る。嫌なら自分の意思で転職すればいいじゃん」とバッサリ。

     さらに「ガチャとかいって『運』に委ねてる時点で終わり。まさに今の日本の他責思考の象徴だ」と境遇を上司の責任にしていること自体、無意味な思考だと指摘。

     続けて「人生の中で自分で決めれないのは親だけ。あとは自分の選択で一つで未来は変えれる。文句言ってる暇なんてないだろう」と前向き志向への転換を促した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/47cf0a8e7ba5c3644212a98dd2f5fdce0c48f396


    【青汁王子「ガチャとかwww運に委ねている奴wwwwww」】の続きを読む

    このページのトップヘ