いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: タレント


    中山 秀征(なかやま ひでゆき、1967年(昭和42年)7月31日 - )は、日本の男性タレント、司会者、俳優、元お笑いタレント。ワタナベエンターテインメント所属。愛称はヒデちゃん・ヒデさん。 群馬県藤岡市出身。身長173cm、体重58kg。藤岡市立神流小学校→藤岡市立北中学校(3年の2学期一杯ま
    56キロバイト (8,209 語) - 2021年11月12日 (金) 07:00


    若いですね(*'ω'*)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/14(金) 17:54:50.84

    1/14(金) 17:06
    デイリースポーツ

    中山秀征 三男の言葉にショック芸能界入り目指すも「パパぐらいでいい」
     
     タレントの中山秀征(54)が14日、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月〜金曜、前5・00)に出演し、三男の言葉にショックを受けたエピソードを語った。中山は元宝塚歌劇団星組トップ娘役の白城あやかさん(54)と1998年に結婚。22歳の長男を筆頭に男の子ばかり4子をもうけている。

     中山は「小さい時から芸能界にすごく憧れのあった三男に『どういうタレント、アーティストになりたいんだ?』と聞いたところ、『そうだな。パパぐらいでいい』て言ったんです。どう捉えたらいいんですかね?」とパーソナリティーの生島ヒロシ(71)に逆質問した。

     生島は「難しいところですね」と苦笑いしたが、「『あまり行き過ぎると(有名になると)、命を狙われる可能性がある。パパぐらいなら安心だ』って言うんですよね。『土日は少年野球の送り迎えが出来て、そんな普通のところがいい』って言うのがありましたね」と笑いながら暴露した。

     そのほか、タレント井森美幸(53)とともに「大使」をつとめている故郷・群馬県トークや、1983年に渡辺プロダクションの新人募集オーディションに歌手として合格しながらバラエティー路線へ進んだ経緯など、爆笑トークを繰り広げた。21日も出演する。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7fd518b21f1577f1c215af693c66442125d13f4d


    【中山秀征、三男から舐めた発言をされショックをウケる…】の続きを読む


    Ranking”. 2011年9月25日閲覧。 家村, 浩明『最速GT‐R物語ーR33GTR 史上最強のハコを創った男たち』双葉社、1996年。ISBN 9784575286601。 『オーナーズバイブル スカイライン32GT-R』3、ニューズ出版〈ニューズムック〉、2006年。ISBN 978-4
    90キロバイト (12,077 語) - 2021年12月12日 (日) 06:13


    こういう車が買えるぐらい成功したかった( ;∀;)

    1 シャチ ★ :2021/12/26(日) 20:51:16.37

    12/26(日) 17:33配信 デイリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e2ad58c18ad213492c3c38eaa484b0b19f78d0b9

     タレントのヒロミが24日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、新たに手に入れた日産「スカイライン32GT-R」を紹介した。11月20日の動画では、新潟・燕三条にある、旧車やパーツを扱うショップ「ワイズスクエア」を訪れ、納車前の白のGT-Rに試乗する様子などを伝えていた。

     ハンドルを握って高速道路に入ると「キレイだと思いますよ。27、8年前の車としては」とニンマリ。ターボ(過給機)の音がするたびに「いいねぇ」と子供のようにはしゃいだ。

     最初に所有した車が「スカイラインRS」(西部警察に登場した車両、後期型は“鉄仮面”の愛称で知られる)で、事故を起こして廃車にしてしまったことも告白。「ちょっと青春だな」と振り返った。

     32GT-Rについては「日産育ちのおれとしては、たまらないものがあるね」としみじみ。ファンからは、車両をそのままきれいに乗ってほしいという声が寄せられていることを明かした上で「側(ボディー)をどうするか。オーバーフェンダー付けたいな」と悩める思いも語っていた。

     32GT-Rはバブル期の1989年に発売された。マッチョなルックスに高性能も相まって爆発的人気を誇った。94年に生産終了となったが、現在でも人気は続いている。


    【ヒロミ、新車購入で大興奮wwwwww】の続きを読む


    はるな はるな あい、1972年7月21日 - )、日本のトランスジェンダータレント・歌手・女優・実業家・YouTuber。本名:大西 賢示(おおにし けんじ)。サンズエンタテインメント所属。株式会社祐貴那代表取締役。現在東京都在住。 愛媛県宇和島市出身の父と西宇和郡伊方町出身の母の間に生
    42キロバイト (5,706 語) - 2021年12月20日 (月) 19:13


    これは可愛祖すぎる( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/22(水) 18:33:25.94

    12/22(水) 17:51
    スポニチアネックス

    はるな愛、元カレが詐欺師だった! 勝手に借り入れされた“3億円”「その時はわからなかったの…」
    タレントのはるな愛
     お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(41)が21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。タレントのはるな愛(49)がゲスト出演し、壮絶な恋愛の“修羅場”を告白した。

     はるなが、様々な恋愛遍歴をトークするなか「恋愛での修羅場」というテーマに。「修羅場ねぇ、私はお金に騙されるかな。3億くらい…」と明*と、井上は「詐欺のレベルじゃないですか!」と仰天。

     相手はかなり羽振りがよかったそうで「デートに行くときは、ファーストクラスで香港に行って。そこでロールスロイスに乗って、ブランド屋さんに行ったら『彼女のサイズの服、全部持ってきて』って。ペニンシュラの部屋にすぐに届いてる」と、デートでは至れり尽くせりだった。

     そんなある日、母親から電話があったそうで「なんか会社の代表取締役が大西賢示(はるなの本名)になってて、借入が3億円になってるけど、アンタ会社建てたの?」という、まさかの連絡が。「相手はかなりお金はあったはずなんですけど、大西賢示になりすまして、会社の経費にしたのかなって」と、詐欺被害にあっていたことが判明したという。

     すぐさま弁護士に連絡して対応してもらい、支払うことにはならなかったというが「後で聞いたら、その人ってニューハーフ専門の詐欺師だったんです。そのときはわからなかったの…」と話すと、井上も「悪い人がいますね」と驚きを隠せない様子だった。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c66aeaeb97b9f421231bff3e821a5d8d6b5c28c8


    【【悲報】はるな愛、知らない間に3億の借金が発生してしまう…】の続きを読む


    いしだ 壱成いしだ いっせい、1974年(昭和49年)12月7日 - )は、日本の男性俳優、ミュージシャン。本名は、星川 一星(ほしかわ いっせい、旧姓:石田)。 1974年12月7日、東京都出身。実父・純一は星川まりと学生結婚、実父・純一が20歳の時に壱成
    29キロバイト (3,818 語) - 2021年12月16日 (木) 10:35


    強く生きてください( ;∀;)

    1 牛丼 ★ :2021/12/19(日) 05:28:54.27

     (略

    ’18年4月に結婚したことを機に、家族で石川県に移住した壱成。しかしネットの誹謗中傷が引き金となり、うつ病を患っていたとメディアで明かしていた。同誌のインタビューでは、「この秋口には工場のライン作業や介護士、車の内装クリーニングとか、全部で20社ほど受けましたが、ぼくの“悪評”をメディアで知っていたのか、全部面接でダメ」と定職に就けなかった苦労も打ち明けている。

    今回の離婚にあたって慰謝料はないものの、壱成は長女の養育費を月4万円支払っていくという。年末には自宅を引き払うようで、「今後はアルバイトでも何でもして養育費を稼がないと」と語っている。一方で、「落ち着いたら東京に戻ろうと思っています。運がよければ芸能界に戻れるかもしれないですが」と“復帰”も視野に入れているようだ。

    「壱成さんは90年代前半に、中性的なルックスで“フェミ男”として大ブレイク。ですが彼はルックスだけでなく、演技力にも定評があったのです。特に壱成さんが主演した野島伸司さん脚本の『未成年』『聖者の行進』(ともにTBS系)では、彼の繊細な感情表現に心を打たれた視聴者が続出。ドラマは大ヒットしました。

    壱成さんは最近のインタビューで、’97年放送の『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ系)の撮影時期にもうつ病を患っていたと明かしています。『(現場スタッフから)根性論を言われ続けたことで、症状が悪化していきました』と当時を振り返っていましたが、時代とともに世の中の価値観も変わりつつあります。石川県でも演技の勉強をされていたと聞いていますので、今の時代なら自分のペースで再び役者に挑戦できるチャンスがあるかもしれません」(芸能関係者)

    過去には様々なトラブルも経験した壱成。3度目の離婚を機に新たな人生をリスタートさせようとしている彼に、ネット上では「役者復帰を!」との呼び声も少なくない。

    《壱成さんの演技は唯一無二です。またやれると思います》
    《未成年、聖者の行進見てました。石田さんの演技、また見てみたいです。未だに心に残ってます。才能があるのに勿体ない! 演技力はお父様も超えていたと思いますよ!》
    《本人が思ってるよりファンはたくさんいると思う そして、みんな待ってるよ 立ち直って、あの演技を見せてくれ そしたら養育費も払えるし》

    果たして、愛娘のためにも発憤興起できるだろうかーー。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cda99696396633d6d5333a23a2646e7c94c50098
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1639827280/


    【【悲報】いしだ壱成、社会復帰しようとしても20社から祈られていた…】の続きを読む


    デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno、1940年(昭和15年)2月6日 - )は、日本生まれでインドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。NPO法人アースエイドソサエティ総裁。株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。2019年7月からはYouTuberとしても活動して
    40キロバイト (5,334 語) - 2021年10月2日 (土) 12:03


    孫みたいな感覚だったのかな( ;∀;)

    1 フォーエバー ★ :2021/12/19(日) 12:57:34.50

    「夫人と歌舞伎を見る会があるんだけど、行かないか」授業終わりに往復4時間かけて東京へ…女子高生の異常すぎる“デヴィ夫人愛” から続く

     デヴィ夫人と同居する女子大生として一躍有名人となった加藤万里奈さん。大学3年から卒業するまでの2年間、渋谷にあるデヴィ夫人の本宅に住んでいたという。

     そんな加藤さんは、14歳の時に口笛の世界大会で優勝し、この秋には歌手としてもデビューした。彼女に口笛で世界大会で優勝した時のことや、デヴィ夫人との同居生活について詳しく話を聞いた。(全2回の2回目/前編を読む)

    ◆◆◆

    冗談だと思ったら「あら、あなたの部屋完成しましたよ」って
    ――それから夫人と同居するまでの経緯は。

    加藤 高校卒業後、武蔵境にある大学に進学したんです。私の実家から片道3時間半かかったんですけど……(笑)。普通は一人暮らししますよね。

     でも私は、実家が大好きだったので、家から出るという選択肢はなくて。毎朝5時に家を出ていました。そういう生活を2年間送っていたんですけど、ある時夫人とご飯を食べていたら、「あーた、まだそんなことやってんの。私、新しい家(別宅)を建てましたので、そこから通えばいいじゃない、大学に」って言われて。

    ――だいぶ軽いお誘いですね。

    加藤 最初は私も、「いやいや」って言ったんです(笑)。冗談だよなと思って。でもその1ヶ月後に、「あら、あなたの部屋完成しましたよ」って言われて、びっくりしました。「え、夫人は本気で言ってたんだ……」と。私のために部屋を1室作ってくださっていて、ベッドや机も置いてありました。

    ――素敵なお部屋を作ってくれていたんですね。

    加藤 冷静に考えたら、とても嬉しい話ですよね。だって、ずっと会いたかった夫人と仲良くなれて、しかも同居できるなんて……。こんなチャンス滅多にないと思って、夫人が建てたお家に引っ越すことを決めました。

     それからすぐに、夫人の別宅に暮らし始めたんですが、私は家事が全くできないので、いろんなところを常に汚してしまって。そしたら夫人が「あら、あなた全然だめじゃない」って。その時は夫人の別宅に一人で住んでいたんですけど、「あなたがいると部屋が汚れて仕方ない」ということで、夫人の住む本宅に引っ越すことになるんです。

    ――そこから本格的な同居が始まるんですね。

    加藤 そうです。本宅にも私の部屋を作ってくれて。ベッドから何から全て用意してくれました。

    ――デヴィ夫人と同居することに、ご両親は何か言っていました?

    加藤 最初は家族会議でした。さすがにこの話には、私の両親も驚いていましたね。すぐに「いいよ」とはならず。でもみんなで話し合った結果、「こんなチャンスは滅多にないし、行って来なさい」と背中を押してくれました。

    デヴィ夫人との謎の同居生活
    ――デヴィ夫人との同居生活はどうでしたか。

    加藤 別宅の時は完全に一人だったので、片付けられなかったんですが、本宅にはお手伝いさんがいたので、なんとかやれました。夫人も私のために、朝ご飯を作ってくれたりとか、私のスケジュールを押さえてくれて、毎朝起こしてくれました。

     毎回、夫人が私の部屋のカーテンをガラガラガラって開けるので、「太陽の光嫌いなんです。やめてください」って言うと、「そんなこと言ってると、あなた授業に遅れるわよ」って心配してくれて、そういう毎日でした。

    ――二人でご飯を食べているときは、どんな会話をするのでしょうか。

    加藤 「すずめがよく飛んでるわ。今日もすずめちゃんが可愛いわね」みたいな(笑)。夫人ってすずめが大好きなんですよ。庭によくすずめが来るんですけど、餌を用意していて、それをおいしそうに食べているすずめを、二人で眺めています。

    ――映画のワンシーンのようですね。

    加藤 夫人は本当に優しい方なので、徐々に減っているすずめを大切にしたいと強く思っていて、庭にすずめちゃんのお家も作っているんです。「ああ今日もかわいい子たちがいっぱい来てるわ」って話してくるんですけど、私はそんな優雅な会話をしている暇はなくて(笑)。毎朝ギリギリに起きているので「すみません、私遅刻してしまいます」というと、「パンをくわえて走りなさい」って。渋谷をパンくわえながら走ってました。

    2021/12/19 11:00文春オンライン
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw10286362?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    【デヴィ夫人と2年間暮らした女子大生「毎朝、夫人が私を起こして朝食を作ってくれた」】の続きを読む


    ミスユニバース(英語: Miss Universe)とは、世界を代表するミス・コンテストである。 大会は世界各国の都市で開催され、世界の各国代表が参加して世界一の栄冠を競い合う美の祭典となっている。また、ミス・ワールド、ミス・インターナショナル、ミス・アースと合わせて世界四大ミス
    40キロバイト (2,113 語) - 2021年12月13日 (月) 03:01


    ここで悔しいと思えないのがダメですね( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/16(木) 16:56:52.67

    12/16(木) 16:31
    デイリースポーツ

    ドン小西 賛否のミス・ユニバース日本代表衣装にダメ出し「ダサいとさえ思った」
     ドン小西
     ファッションデザイナーのドン小西が16日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演。賛否の声が起こっているミス・ユニバース日本代表の奇抜な衣装について、「ビックリしたというか、ダサいとさえ思った」とダメ出しした。

    【写真】ミス・ユニバース世界大会で着用した衣装

     番組では、ミス・ユニバースのファイナリストとなった日本代表の渡邉珠理さんが着用した衣装について取り上げた。イスラエル人デザイナーが手がけた衣装で、着物風のピンクのドレスに、アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公を連想させる髪形、両手には招き猫、さらには胸元には日本語で「日本」という文字が書かれた独特なもの。ただ、衣装の前合わせが死に装束で使われる左前であることや、地肌に直接「日本」と書いていることが「日本をばかにしている」などとして批判の声が上がっていた。

     衣装の評価を尋ねられたドン小西は「「デザイナーの気持ちは分からないでもない」と前置きしたうえで、「最初見た時にビックリした。ビックリというか、ダサいとさえ思った」とバッサリ。「ボクらのファッションの環境から見ると、すごく違和感がある」と続けた。

     「言ってみればやりたい放題。デザイナーとしてみれば、ひらめいたものをやりたい放題しちゃった」と分析。「ヘアスタイル見てみると、日本(のイメージ)はアニメ。胸に書いた『日本』も、デザイナーとしたらカッコいいと思ってやっているのよ。パンクの手書きよ。振り袖に国旗を入れたり」とさらに細かく解説した。

     ただ、両手に持った「招き猫」の存在は気になったようで、「ボクから見ると、招き猫どうよって思うね。デザイナーとして言えるんだけど、ボクらも、出来の悪いモノを作っちゃったときは、見る者の目を拡散しちゃうのよ。俺の昔のコレクション見ても、妙にスティック持っちゃったとか、ぬいぐるみみたいなものぶら下げたり、こんなときは洋服の出来が悪いんだよ。本当にきれいな物はシンプルに見せるよ。本人はひょっとしたら『あちゃ〜』と思っている節もあるんではないかと、トッププロは見抜いているわけ」と自身の経験を踏まえて、読み解いていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc25b7c11c6b7bded00d354accbf2490487b58bf


    【【悲報】ドン小西、最新のお洒落がわからなくなってしまう…】の続きを読む

    このページのトップヘ