いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: タレント


    アン ミカ(AHN MIKA、安美佳、1972年3月25日 - )は、テンカラット所属の女性ファッションモデル。 1990年、大阪府立住吉高等学校を卒業。フランス・パリへ移住し、1993年モデルとしてパリ・コレクション(パリコレ)に初参加した。2002年4月から1年間、韓国延世大学校韓国語学堂に留
    33キロバイト (3,790 語) - 2022年5月20日 (金) 12:44
    素晴らしい考え方(*'ω'*)

    1 フォーエバー ★ :2022/06/23(木) 17:56:19.26
    2022年06月21日19時43分

    モデルのアンミカさんが2022年6月21日、ラジオ番組「フワちゃんのオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)にゲスト出演し、自身の発言に関するネット上の反響に言及した。

    アンミカさんをめぐっては「白って200色あんねん」というフレーズが話題になっている。本人は知らなかったようで、「マジで!?」と驚いていた。

    アンミカさん(2017年撮影)
    「なんでやろと思ってたら...そういうことか!」
    21日の放送は事前に収録されたもので、アンミカさんは初出演となる。同番組のパーソナリティを務めるタレント・フワちゃんは「いま色々バズってるの知ってます?ネットで」と切り出し、

    「『白って200色あんねん』って言葉、今めっちゃバズってるんですよ」
    と話題を振った。これは元々、21年夏にトーク番組「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)でアンミカさんが発した一言だ。

    自慢話がテーマとなった際に「ちっちゃい物のいいところを、コップ1個でも、タオル1個でも、探すのが好き」と述べ、手元の白いタオルを「白って200色あんねん」と褒める場面があった。スタジオを沸かせたほか、ツイッターなどでミーム化している。

    フワちゃんの発言を受けて、当のアンミカさんは「マジで!?」と驚きを示す。「なんで知らないのよ」と笑うフワちゃんには、「わたし自分のことを検索せぇへんのよ。したことがないから」と説明した。

    続けて「ただ、今言われて『あー!』と思ったのは...」と、自身がMCを務めるTOKYO MXの情報番組「土曜はカラフル!!!」(旧「日曜はカラフル!!!」)のTikTokに寄せられる反響をめぐって、これまで抱いていた疑問を明かした。

    番組のゲストと撮影したダンス動画に「ダンスと関係ないコメント」が集まるといい、

    「『アンミカさんは200人いるんですか?』とか『青は何色(しょく)ですか?』とか、なんかこう...『何百色』をすごい書いてくるのよ」
    と述べる。そのようなコメントに「いいねが5000件とか来てる」ともいい、「これなんでやろと思ってたら...そういうことか!」と納得したようすを見せた。

    どこで話題になっているのか問われると、フワちゃんはTikTokやYouTubeを挙げつつ、「みんな多分、日本国民全員がこの(番組の)動画見たことあると思いますよ」。

    アンミカさんは「マジで!?もう私、ちょっと見てみなアカンな~」と前向きに受け止めていた。

    https://www.j-cast.com/2022/06/21439860.html


    (出典 www.j-cast.com)

    【アンミカ「白って200色あんねん」←ちゃんと本人が言ってたwwwww】の続きを読む


    花田 優一(はなだ ゆういち、1995年9月27日 - )は、日本のタレント、靴職人、アーティスト。 父は貴乃花光司、母は河野景子、祖父は貴ノ花利彰、伯父は花田虎上、大伯父は初代若乃花、祖母は藤田紀子である。他に家族は妹が2人いる。 東京都出身。2003年の父親の断髪式で髷に鋏を入れて涙したことが知られている。
    18キロバイト (2,669 語) - 2022年6月16日 (木) 08:39
    金があるっていいですね( ;∀;)

    1 フォーエバー ★ :2022/06/21(火) 19:23:27.24
    6/21(火) 19:06配信

     大相撲の元横綱貴乃花(49)の長男で、靴職人兼タレントの花田優一(26)が21日、インスタグラムなどで靴の製作を休止することを報告した。

    【写真】靴の製作休止を報告した花田優一

     花田はブログとインスタグラムで「自分の人生と向き合い、何を証明すべきなのかと試行錯誤する中で 2022年でお客様からのご注文を受け、靴を製作するという日々を一度、休止させていただくことに致しました」と報告。今後の活動を「/(1)/靴職人としての技術的向上、精神的向上、より一層の邁進(まいしん)のため、靴作りの修行環境の変化」「/(2)/本来自分が目指してきた理想郷を作り出すための、新ビジネスへの挑戦」「/(3)/自分自身の表現の幅と深みへの、追求と研究」をするとしている。

     今年までは靴の製作をしており「今年中はまだまだご注文をお受けいたしますので、いつでもお問い合わせください」と報告を結んだ。

     花田は靴職人として活動するかたわら、20年にはデジタルシングル「純青」で歌手デビュー。21年に製作発表された短編映画「残照のかなたに」で俳優にも挑戦している。


    (出典 static.chunichi.co.jp)

    【【悲報】花田優一、人生に迷い”靴の製作”を休止してしまう…】の続きを読む


    ピン子(いずみ ピンこ、1947年9月11日 - )は、日本の女優、コメディアン、漫談家、歌手。東京都中央区日本橋生まれ、銀座出身。静岡県熱海市在住。所属は pi企画株式会社。血液型はB型。身長154cm。戸籍名:武本 小夜(たけもと さよ)、旧姓:江口(えぐち)。デビュー直後の芸名は三門 マリ子(みかど
    45キロバイト (6,060 語) - 2022年6月16日 (木) 21:19
    昔からでは( ;∀;)

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/20(月) 16:10:14.43
    女優の泉ピン子(74)が20日、フジテレビ「ノンストップ」(月~金曜前9・50)に出演。昨今のテレビ番組について不満を漏らした。

     泉は「テレビを見ると若い人ばかり」という点に不満を漏らし「冗談じゃありませんよ。ばあさんでてきやしない」と怒りを口に。「本当におばあさんの役がない。じいさんはまだ使われているんだけど。笹野とか、私より若いけど」と、73歳の俳優・笹野高史がドラマに出演していることに“嫉妬”した。

     テレビに出続けて55年、過去との違いについて「申し訳ございません。私たちのときはテレビにお金があり余っておりました」といい「ドラマも、チョイ役にめちゃ有名な方をお呼びして。今は申し訳ないけど、ちょこっとの方、誰この人?って」と、脇役の起用にも差が出ていると語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0cafc0fa8e014eb3e276333154f2fca784d6f017

    【泉ピン子「最近、テレビにばあさん出てこない」】の続きを読む


    北斗 (ほくと あきら、1967年7月13日 - )は、日本の元女子プロレスラー、タレント、実業家、女優、芸能プロモーター、YouTuber。株式会社健介オフィス所属。本名、佐々木 久子(ささき ひさこ)、旧姓・旧リングネーム、宇野 久子(うの ひさこ)。埼玉県北葛飾郡吉川町(現:埼玉県吉川市)出
    42キロバイト (6,028 語) - 2022年6月15日 (水) 13:32
    愛し合ってるんですね(*'ω'*)

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/13(月) 23:25:53.09
     元プロレスラーでタレントの北斗晶(54)が13日放送の日本テレビ「しゃべくり007」(月曜後9・00)に夫の佐々木健介(55)と出演し、「佐々木家のルール」を明かした。

     結婚28年目。「鬼嫁」キャラとしても知られる北斗が、家庭のルールを紹介する場面があった。その中の1つに「(佐々木が)浮気したら相手の女を引きずり回す」の項目が。「健介に手を出すってことは私にケンカを売っているってことですよね。売られたケンカ買いますよ、引きずり回しますよ」とキャラ全開でコメントした。

     共演者に、女性関係で「健介さんをしかりつけたりしないんですか?」と問われると、「だって(佐々木は)バカだから騙されそうじゃん」とバッサリ。「こういう性格の男は、(浮気相手の)女がボコボコになったら、ヤバいなって余計思うのよ。本当に反省させるには相手をボコボコにしたほうがいい」と持論を展開した。隣席していた佐々木は、「あったんですか、1回くらい?」の質問に、「そんな怖いことは…」と消え入るような声で返答し、笑いを誘っていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/00d78929963dc6a4d275491ae0aa2f151931d7f5

    【北斗晶「相手の女を引きずり回す」 佐々木健介のIFに息巻くwwwwww】の続きを読む


    宮下草薙(みやしたくさなぎ)は、太田プロダクションに所属する日本のお笑いコンビ。 草薙 航基(くさなぎ こうき 1991年8月23日 - )(30歳) ボケ担当、立ち位置は向かって左。 静岡県磐田市生まれ、愛知県名古屋市出身。 本名、草彅 航基(読み同じ)。 宮下 兼史鷹(みやした けんしょう 1990年11月16日
    14キロバイト (1,663 語) - 2022年6月7日 (火) 06:50
    この人の面白さがわからない( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/15(水) 15:09:40.90
    2022.06.15 11:01

    タレントのデヴィ夫人が、6月14日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。共演者の容姿を次々とディスり、視聴者をザワつかせた。

    ポジティブな芸能人、ネガティブな芸能人が集まり、意見をぶつけ合った。ネガティブな芸能人として出演した俳優の手塚とおるは「全く共感されない私のポジティブorネガティブ思考」とのテーマで発言した。

    旅行の計画を立てるのは楽しいものの、旅行の日を迎えると「あと3日しかない」と旅行に楽しみを見いだせないとの趣旨の再現VTRを見て、手塚は共感した様子。明石家さんまは「また行ったらええやんか」としたが、手塚は「そのときしかないんですよ、3日は。その3日はその3日!」と三本指を立てて、眉間にしわを寄せた。

    ポジティブな芸能人として出演したデヴィ夫人は、手塚の表情を見て「ちょっと待って。だからあなた、なんか容貌が不景気ですよね?」と突然手塚の顔をディス。手塚は「60年生きてきて初めて言われました」と嘆いた。



    「顔が不景気」「あなたは汚い」

    さんまはここで『宮下草薙』の草薙航基に「草薙も不景気やもんな?」と話を振った。草薙が「顔がですか?」と反応すると、デヴィ夫人は「あなたは(顔や容姿が)汚い」とバッサリ。スタジオから笑いが漏れる中、草薙は「汚い…?」と目を見開いて絶句していた。

    デヴィ夫人の物言いを聞いて、ファンは大喜びしていた。

    《デヴィさん今日も絶好調のようで何よりです》
    《容姿が汚いwド直球過ぎてwww》
    《容姿が不景気www草薙は容姿が汚いwww》
    《アナタは汚い から始めないでよwww》
    《草薙「…!!」みたいな目ん玉出そうなビックリ顔草》
    一方、一部視聴者から否定的な声も。他人の顔、容姿を「不景気」「汚い」と批判するのは、本人にとっては屈辱的ではとするコメントも見られた。

    《容姿が汚いは酷いいじめでしょ面白くない》
    《容姿が汚いだなんて侮辱だろ》
    《デヴィ夫人、立場上言ってもネタで済まされるんだろうけど、容姿が不景気とか草薙の顔が汚いとかかなりギリギリ侮辱ではないか…?》
    《草薙の容姿を「汚い」と言って良い権利はないと思う》
    手塚や草薙が傷ついていないことを祈りたい。

    https://myjitsu.jp/archives/359244

    【デヴィ夫人、宮下草薙”草薙航基”をストレートに貶すwwwww】の続きを読む


    ヒロミ(1965年(昭和40年)2月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、実業家、レーサー、YouTuber。株式会社「ビィー・カンパニー」代表取締役社長。トレーニングジム「スタジオ51.5」代表。オンラインショップ「ハチオウジ工務店」社長。『芸能文化人ガンクラブ』会長。八王子会代表。本名、小園
    56キロバイト (8,342 語) - 2022年6月13日 (月) 00:37
    大変そうだな( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/14(火) 10:22:32.68
    6/14(火) 9:57
    デイリースポーツ

    ヒロミ、更年期障害を赤裸々告白「意味が分からない不安」発汗、息苦しさも

     タレントのヒロミ(57)が14日、日本テレビ系「スッキリ」で、男性の更年期障害になったことを告白し、症状を説明した。

     番組では最近増えてきたという男性の更年期障害について特集。40代男性の6人に1人がかかっているとも報じた。

     ヒロミはこの更年期障害に悩まされたといい「50歳過ぎてぐらい。どうしたんだろうというのはあって、病院へ行って診断してもらって、今でも薬は飲んでいる」と打ち明けた。「(症状は)改善されていると思ってるが、飲まなくなるのはまだあれなので、飲んでいる」と薬による治療は現在も続けているという。

     症状は「急に来たりする」といい「男の人は(更年期障害は)ないと思っている人が多いけど絶対にある」とも断言。ヒロミは「不安やほてりとか、動悸(どうき)とか。テレビとかでも緊張しないのに、ある時から本番前に不安に思う。漠然と大丈夫かな?立ってられるかな?とか。意味がよく分からない変な不安」と、精神的な変化があったという。

     発汗や息苦しさもあったといい「苦しいなってネクタイを緩めたり。僕がネクタイを緩めたらそうだと思って下さい」ともコメントした。

     この症状が出始めた時に「ママに相談して。ママは病院通なんで、これは病院行った方がいいねって」と妻の松本伊代がすぐに病院に連れて行ってくれたことが回復につながったという。

     結果、更年期障害と診断されたが「病名がついたのが第一」「年だから?鬱なのかな?っていう不安が、病名がついたから、どうすればいいの?こうすればいいのねって認識ができた」と、病名が分かったことでかなり不安も軽減された。

     「男は強がりだから、自分はまだまだ若いとか、(更年期には)ならないと思っている人がいるが、少しでも(症状が)あれば、病院に行ったらいい」と自らの体験から、受診を勧めていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c250fcbc27c5357886ba888b044ee619fb06855

    【 ヒロミ、57歳にして更年期障害に苦しまされる】の続きを読む

    このページのトップヘ