いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: ドラマ・映画


    ダンプ 松本ダンプ まつもと、1960年11月11日 - )は、日本の女子プロレスラー。タレント、女優。本名・松本 香(まつもと かおる)。 身長164cm、体重100kg、血液型B型。埼玉県熊谷市出身。えりオフィス所属。 「D・松本」と表記されることもある。
    41キロバイト (6,506 語) - 2022年6月30日 (木) 02:44
    ゆりやんレトリィバァ(本名:吉田 有里(よしだ ゆり)、1990年〈平成2年〉11月1日 - )は、日本のお笑いタレント、アイドル。女優。吉本興業東京本部(東京吉本)所属。第1回女芸人No.1決定戦 THE W優勝者、第19回R-1グランプリ優勝者。アイドルグループ吉本坂46のメンバー。
    46キロバイト (5,819 語) - 2022年6月30日 (木) 03:59
    たのしみ( ;∀;)

    1 シャチ ★ :2022/06/30(木) 10:25:31.74
    6/30(木) 6:00配信 クランクイン!
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5256747e3fc71537d3fd28fcbb6096cd7f558f5c
     ゆりやんレトリィバァが主演を務め、80年代女子プロレスの“最恐ヒール”ダンプ松本を演じるNetflixシリーズ『極悪女王』が、2023年に配信されることが決まった。ゆりやんはNetflix作品初出演にして初主演。

     本作は、1980年代にカリスマ的人気で女子プロレス旋風を巻き起こしたダンプ松本の知られざる物語。ゆりやんがダンプ松本にふんする。企画・脚本・プロデュースは鈴木おさむ。監督を白石和彌が務める。

     1980年代、男女の不平等や女性蔑視が問題視されずに当たり前であった時代の日本が舞台。そんな時代と格闘し、日本中を熱狂させ空前のブームを巻き起こしたのは女子プロレスだった。正統派プロレスラーとしての成功に憧れながらもクビ寸前だったダンプ松本(ゆりやんレトリィバァ)が悪役に転身し、仲間たちとの友情と戦い、さまざまな代償や葛藤を抱えながら“日本史上最も有名なヒール”に成り上がっていく様を描く。

     近年、海外での活躍も目標に掲げているゆりやんレトリィバァは、本作のオーディションに自ら志願し、主役を勝ち取ると、演じる上で大きな挑戦でもある“実在する人物”に挑むため、フィジカル面での役作りから開始。1ヵ月に一度行われるメディカルチェックで健康を保ちながらパーソナルトレーナーと二人三脚でプロレスラーとして必要な筋力トレーニング、さらにクラッシュ・ギャルズのタッグで絶大な人気を誇り、ダンプ松本と共に女子プロレスブームの中心にいた長与千種を指導者に招いたプロレス訓練に臨み、コメディアンとして活躍する傍らアスリート並みの身体作りを1年間にわたって敢行。並々ならぬ意欲でクランクインを目前に控えている。

     ゆりやんは「体重は現在65キロから93キロになりましたが、体も元気で、ほぼ毎日トレーニングをして大きくなっていく体が可愛すぎて楽しいです! 街を歩く時は極悪同盟さんの登場曲を聴きながら歩いて気持ちを作っています」とした上、「ダンプ松本さんの凄さ、素晴らしさ、極悪さ、かわいらしさを演じられるように頑張ります! よりダンプさんに近づけるようになりたいです!!」と意気込みを見せている。

     Netflixシリーズ『極悪女王』は、Netflixにて2023年配信。
    (以下ソースで)

    【ダンプ松本の自伝ドラマが遂に始動…!! ゆりやんレトリィバァ30kg増量へ】の続きを読む


    富澤 たけし(とみざわ たけし、1974年〈昭和49年〉4月30日 - )は日本のお笑いタレント。俳優。お笑いコンビサンドウィッチマンのボケ(一部のコントではツッコミ)担当。相方は伊達みきお。本名、富澤 岳史(読み同じ)。東京都板橋区生まれ。グレープカンパニー所属。血液型はAB型。
    28キロバイト (3,696 語) - 2022年6月17日 (金) 07:34
    マイファミリー』は、2022年4月10日から6月12日までTBS系列「日曜劇場」枠で放送されたテレビドラマ。主演は二宮和也。 誘拐事件を軸に様々な家族の形やそれぞれの人間関係の模様を描くノンストップファミリーエンターテイメント。 鳴沢温人(なるさわ はると) 演 - 二宮和也
    52キロバイト (8,087 語) - 2022年6月21日 (火) 03:45
    なにがいけないのだろう( ;∀;)

    1 jinjin ★ :2022/06/18(土) 00:24:07.26
    『マイファミリー』“富澤たけし=犯人”の何が問題か? 根深い「犯人役に芸人を使うな」論争の答え

    「好感度No.1」のサンドでもNG


    12日に最終話が放送された『マイファミリー』(TBS系)をめぐるコメントが現在もネット上に飛び交っている。

    その大半を占めているのが、「やっぱり芸人が犯人ではないほうがよかった」という不満混じりの声。
    サンドウィッチマン・富澤たけしの演じる吉乃栄太郎が前代未聞の誘拐事件を起こした犯人だったことに不満の声が挙がっているのだ。



    ただ、そこはさすがの好感度トップ芸人。
    富澤を責める声よりも、制作サイドのキャスティングに異を唱える声が多くを占めている。

    つまり、「富澤ほど好感度の高い芸人でも連ドラの犯人役はやめてほしい」「本職の俳優に演じてほしい」と思っている視聴者が多いということだろう。

    もう1つ目につくのは、富澤の演技を責めるような声が少なかったこと。
    これは思っていたよりうまかったからなのか。それとも、何か別の理由があるのか。

    そもそも「芸人が犯人を演じること」のどこに不満があり、制作サイドの意図はどこにあるのか。
    論争が長引いている理由をさまざまな角度からひも解いていく。


    富澤は放送終了後にブログを更新。

    そこには「オンエアが終わってからは予想通り『演技力がない、芸人じゃなく役者にやらせろ、笑ってしまう、お前と不倫などするか』などのコメントも目にしましたし、そういう方々には、自分なりに努力しましたが、力不足で申し訳ありませんでした」とつづられていた。

    本人も批判されることを承知でオファーを受けていたのだ。


    さらに富澤は、「6話くらいからヒントとなるシーンも増えてきたのでわかった方も多いと思いますが、犯人だと数ヶ月黙っているのはかなりしんどかったです!」とも語っていたが、この言葉にヒントが潜んでいる。


    最終話放送前の犯人予想は、富澤の演じる吉乃栄太郎が圧倒的な本命で、他の候補には阿久津晃(松本幸四郎)が挙がる程度。
    立脇香菜子(高橋メアリージュン)や日下部七彦(迫田孝也)を犯人にするのは無理があったからこそ、富澤自身「わかった方も多いと思う」と書いたのだろう。

    ただ、この「わかった方も多い」は、脚本が拙いという意味ではなく、この作品はあくまで「ノンストップファミリーエンターテインメント」だから。
    実際、番組ホームページの「はじめに」には、「このドラマは、『サスペンス』『ミステリー』という枠組みのものではない。誘拐事件に巻き込まれることで浮き彫りになる様々な感情や人間模様を描いていく、“ファミリー”エンターテインメントである」とハッキリ書かれている。


    つまり、「家族の物語にプライオリティを置いた作品であり、ミステリーとしての犯人当ては二の次」ということ。
    主に鳴沢家、三輪家、東堂家の悲喜こもごもを見せるための作品であり、「誰が犯人でどんな犯行動機だったか」を最優先した作品ではなかった。


    さらに言えば、吉乃が犯行を重ねた理由を「家族にバレることが怖かった」と供述したシーンもある。
    焦りから犯行手口が粗くなっていく吉乃に、鳴沢温人(二宮和也)たちが家族の結束を強めて立ち向かっていくという流れも含め、やはりミステリーよりも家族の物語が優先されていた。


    それでも「誰が犯人か?」の考察を楽しんできた人々にとっては、「やっぱり吉乃だったか……」という予想通りの展開に落胆してしまったことも事実。
    「もうひとひねりほしかった」というコメントが少なくなかったように、この点では「芸人が犯人を演じるかどうか」は関係ない。


    しかし、考察を楽しんできた人々は、そのやり切れなさから「予想通りの展開なら、家族の物語を優先させるのなら、せめて俳優の演技で魅了してほしかった」と思ってしまう。
    「何で本職の俳優にしなかったのか」と言いたくなるのは当然だろう。


    制作サイドが芸人を犯人役に起用するときの狙いは、主に知名度と意外性の2点。
    富澤のケースでも、もし演技力を高く評価してのキャスティングなら、「犯行の手口はすべて葛城圭史(玉木宏)の口から語られ、吉乃はほとんど聞いているだけ」という演出にしなかったはずだ。


    以下、ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/833fa7b6dcd31c3052eaad1659597576c4d51662

    【【悲報】サンドウィッチマン”富澤たけし”が犯人で炎上か!?】の続きを読む


    PANIC〜製品サイト JAWS - ユニバーサル・ピクチャーズによる30周年記念エディションDVDの公式ウェブサイト ジョーズ - ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンによる公式ウェブページ ジョーズ - allcinema ジョーズ - KINENOTE ジョーズのチラシ - ぴあ Jaws - オールムービー(英語)
    34キロバイト (4,364 語) - 2019年11月9日 (土) 18:23



    (出典 live.staticflickr.com)


    じょ、ジョーズ((+_+))

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/12/30(月) 23:04:54.062 ID:g2PWk5aZ0.net

    金髪ギャルが出てくるから好き






    【サメ映画とかいう謎ジャンルwwwwww】の続きを読む


    Mr. ビーン』(ミスタービーンMr. Bean)は、イギリスのテムズテレビ (ITV系)にて1990年から1995年まで放送されたコメディ・TVシリーズである。後に劇場用映画やアニメーションも製作されるが、本項ではそれらも含めることとする。 製作はタイガー・テレヴィジョン(タイガー・アスペク
    42キロバイト (5,530 語) - 2022年3月18日 (金) 11:05
    全世界で売れてるのが凄い(*'ω'*)

    1 湛然 ★ :2022/06/14(火) 05:45:08.60
    Mr Bean Was “A Narcissistic Anarchist” Says Creator Rowan Atkinson, Whose New TV Character Is “Much Sweeter”
    By Caroline Frost
    June 12, 2022 3:25am
    ※DeepL翻訳
    https://deadline.com/2022/06/mr-bean-narcissistic-anarchist-rowan-atkinson-man-vs-bee-netflix-1235043498/

    (出典 deadline.com)



    Mr.ビーンは、彼の生みの親であるローワン・アトキンソンによれば、「自己中心的でナルシストなアナーキスト」であった。

    無口で自虐的な混沌の主は、もっと寛大に言えば、「男の体に閉じ込められた9歳児」でもあった。アトキンソンが描く現代のチャーリー・チャップリンは、YouTubeだけで110億回以上の再生回数を記録しているという。

    このキャラクターは、1990年代前半の5年間だけイギリスのテレビで視聴されましたが、その後も世界中で視聴され、シリーズは245カ国に販売され、2本の長編映画にも影響を与えました。

    アトキンソンは、彼がスクリーン上で創り出すキャラクターよりも、実際の方がずっと真面目なことで有名だが、Mr Beanの人気の高さを受け入れている。「多くの人は、物事がうまくいかないという、避けられない、正当な感じが好きではないのです」とTimes紙に語っている。

    アトキンソンは、6月24日にNetflixで初放送される予定の9部作、ほとんど無言のNetflixシリーズ「Man Vs Bee」の主人公トレヴァーという最新のキャラクターをより丸く捉えているようだ。

    トレバーは離婚した父親で、娘と過ごす休暇の資金繰りに奔走した結果、留守番の仕事を引き受けることになる。不在の金持ち夫婦が所有するモダニズム様式の邸宅を守るため、彼は疲れ知らずのハチとますます格闘し、その責任を脅かされていきます。

    アトキンソンは、Mr.ビーンと比較して、新しいキャラクターについて、「トレバーは違うんだ。彼はもっと素敵で、もっと優しくて、もっと普通の人だといいんですが、それは確かに我々の狙いでした。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【ローワン・アトキンソン「Mr. ビーンは“ナルシストなアナーキスト」、新たなキャラも匂わせる】の続きを読む


    グラントリノ』(Gran Torino)は、2008年のアメリカ映画。監督、プロデューサーおよび主演はクリント・イーストウッド。ミシガン州が舞台。2008年12月12日に北米で限定公開、2009年1月9日に拡大公開され、日本では2009年4月25日に公開された。 タイトルとなったグラントリノ
    10キロバイト (1,114 語) - 2022年5月1日 (日) 14:25
    シャイニングかな( ;∀;)

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2022/05/20(金) 18:48:47.879

    そこそこ有名なやつ


    【洋画でなんか近所に怖いおじさんが出てくるやつなんだっけ?】の続きを読む


    ハリセンボンは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。東京NSC9期生。2003年5月結成。2004年デビュー。略称は「ハリセン」。 近藤 春菜〈こんどう はるな、1983年(昭和58年)2月23日(39歳)〉 東京都狛江市出身。身長155cm、体重65kg。ツッコミ担当(たまにボケ)。桐朋学園芸術短期大学日本文化専攻卒。
    27キロバイト (3,297 語) - 2022年4月30日 (土) 17:29
    そのままだった気が( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/09(月) 10:56:16.96

    2022.05.09 10:31
    まいじつ 

    5月4日、俳優・今田美桜主演のドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)の第4話が放送された。お笑いコンビ『ハリセンボン』近藤春菜の演技に注目が集まっている。

    主人公の田中麻理鈴(今田)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。大きな夢を抱いて大手IT企業『オウミ』に就職したものの、窓際部署「備品管理課」に配属される。

    そこでクールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)と出会う。ワークライフバランスや副業、リモート会議…「働き方」が大きな転換期を迎えている今、麻理鈴が持ち前の明るさと、峰岸の小ずるい出世メソッドを武器にして出世の階段を駆け上がっていくというストーリーだ。

    第4話では、社内で「125周年プロジェクト」が進行。プロジェクトのリーダー・小野忠(鈴木伸之)の同期でエンジニア部の川端光(近藤)が発案した企画が進んでいく。世界的に有名なゲームデザイナー・鬼丸(冨永愛)とのコラボという川端の念願の企画なのに、小野がリーダーを務めることに違和感を抱く麻理鈴。しかし川端は、「男性がリーダーのほうが上手くいく」と麻理鈴を制するのだった…。


    「春菜いい演技しとるわ~」

    「第4話では〝ジェンダーフリー〟という価値観をコンセプトに、無意識のうちに差別されている女性たちの苦悩が描かれました。この物語の中心になったのが〝女性だけど優秀なエンジニア〟の川端で、小野との口論は迫力がありましたね」(芸能記者)

    ドラマで存在感を発揮していた近藤の演技に、ネット上では

    《春菜いい演技しとるわ~》
    《よくわからんドラマ見てるけど春菜の役どころと演技がよすぎる》
    《悪女おもしろくて見てるんだけど春菜ちゃん演技上手かったんだね》
    《春菜、演技上手いな。自然だわ》
    《春菜マジでどんどん演技上手くなってる》

    と絶賛の声が相次いでいる。

    ドラマに出演する頻度はそれほど多くない近藤だが、今後は女優業のオファーがさらに増えそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/350530

    (出典 pbs.twimg.com)


    【ハリセンボン春菜、女優としての素質アリ…?】の続きを読む

    このページのトップヘ