いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: アスリート


    RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション、略称:RIZINRIZIN FF)は、日本の総合格闘技団体。 かつて「PRIDE」を主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表だった榊原信行により設立。他団体とは競合しないフェデレーション(協会)を理念としている。
    30キロバイト (2,804 語) - 2022年1月2日 (日) 05:13


    やってることがシバターさんのほうが面白い(*'ω'*)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/07(金) 18:07:48.40

    いまや大晦日恒例のビッグイベントとなった総合格闘技「RIZIN(ライジン)」。しかし、昨年末に開催された「RIZIN.33」の
    元K-1王者・久保優太と炎上系 YouTuber・シバターの対戦にヤラセ疑惑が持ち上がっている。

    (略)

    大勢の格闘家たちが騒動に言及する中、元 ONEライト級世界王者でもある総合格闘家でプロレスラーの青木真也氏は、
    シバターと久保のやり取りを「八百長でもプロレスでもなく、“申し合わせ”」として捉えている。

    「言葉遣いの問題として、まず八百長とは事前に勝敗を決めることです。巷(ちまた)では今回の騒動を『プロレス』だと
    指す声もありますが、僕は八百長のようなネガティブな意味でプロレスという言葉を使われるのがすごくイヤ。じゃあ、
    あのやり取りは何かと言えば、ふたりは試合をする上で、何をどこまでするかをお互い“申し合わせ”した。
    申し合わせというのが、ちょうどいい言葉なのかなと思います」(青木氏、以下同)

    では、選手同士の申し合わせは問題ではないのか?

    「申し合わせのどこまでがセーフで、どこまでがアウトかを決めるのは、すごく難しいことです。記者会見で『打ち合おうぜ』とか
    『寝技対決だ』と呼びかけるのは、現状、まったく問題がありません。でも会見後に選手同士がそういう会話をしたらアウトなのか? 
    試合前に対戦相手と個人的に連絡することが問題だという意見もありますが、もともとの友人と対戦することだってありますよね? 
    前日に『明日はぶつかっていくぜ』とLINEするのはどうですか?

    また、ファイトボーナス(試合内容によって支払われるボーナス)がある場合、双方の選手がタフファイト(持久力などタフさを
    発揮するような試合)を選択する傾向があるようにも感じます。選手同士がどういうやり取りをしたときはセーフで、どういう
    やり取りならアウトなのか。その線引きは難しく、だからこそ、これまで曖昧になってきた部分なんです」

    シバターや久保をただ批判するだけでなく、今回の騒動をきっかけに“申し合わせ”を取り巻く問題について議論することが必要だ。
    青木氏はそう冷静に指摘する。

    「この話題に言及するファイターたちは、みんな感情的になりすぎている気がします。『あいつと一緒にするな』のように怒ったところで
    、問題解決には何も繋がっていない。いずれまた同じようなトラブルが起きるでしょう。いかんせん“可燃性”が高い話題なので、
    前向きに議論するにしても難しい状況になっていることが残念です。僕自身、この問題についてnote(ブログサービス)で
    取り上げたものの、かなり気を使わざるをえなかった」

    その上で、青木氏は久保を「一番恥ずかしい」とバッサリ斬る。

    「業界のための問題提起をしたいわけではなく、要するに『こんな申し合わせをしていたのにズルい』って言っているわけじゃないですか。
    そんな恥ずかしいこと、よく言えるな。それが僕の正直な感想ですね。格闘家というのも、ひとつの表現者。表現者としての矜持に
    欠けているように感じます。今の時代、僕がそういうものを大事にしすぎているだけなのかもしれませんが……」

     このまま炎上が続けば「RIZIN」という興行自体を揺るがしかねないが、運営側は事態の収拾をどのようにつけるのか。
    そしてその場合、“選手間の個人的なやり取り”という長年曖昧にされてきた部分にも一定のルールが設けられるのか──。

    https://www.news-postseven.com/archives/20220106_1718774.html?DETAIL
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1641528931/


    【RIZINさん、八百長疑惑に申し合わせだったと反論するwwww】の続きを読む


    シバター(1985年(昭和60年)10月18日 - )は、日本の男性総合格闘家、プロレスラー、YouTuber。  本名は、齋藤 光(さいとう ひかる)。神奈川県横浜市出身。立正大学経営学部卒業。既婚者で一児の父でもある。愛称は「シバターおじさん」。 株式会社プロレスリングシバター
    109キロバイト (12,329 語) - 2022年1月5日 (水) 05:29


    何故、八百長をのんでしまったのか( ;∀;)

    1 ヤマネコ(宮崎県) [RU] :2022/01/05(水) 09:25:10.24


    格闘技イベント『RIZIN.33』...ガ*のはずの試合にもかかわらず、“八百長疑惑”が浮上し、思わぬ場外乱闘に発展しているのが、シバターと元K-1王者・久保優太の一戦だ。
    「シバターが1ラウンド目で圧勝する形に終わったが、その後、久保がTwitterで『嘘をつく人生は嫌だな。正直者が*を見るのか』などと意味深な投稿を書き込んだ。そして、久保の妻の兄と思われる人物が、シバターが久保に八百長を持ちかけ、1ラウンド目は手加減をし、2ラウンド目で本気で戦おうと提案しているLINEのやりとりと見られるスクリーンショット画像をSNS上に流出させ騒動に。
    その後YouTubeに謝罪動画を上げた久保は、“台本”の存在を認め、この八百長に乗ったところ『シバターさんの陽動作戦』だったと説明。
    一方のシバターは、『一切の八百長はしておりません』などと当初は完全否定していたが、その後別の動画では“騙し討ち”したことを認めながら、『台本があったことをお前が発信したら、K-1チャンピオンであるお前がその台本を飲んだってことを認めることになるんだぞ。これからどうするんだ、一度台本を飲んだ格闘家、もうどこの団体も使ってくれないぞ』などと述べ、『俺もお前も、格闘技からは足を洗おう』と久保に引退勧告。場外乱闘でもシバターのペースになっています」とスポーツ紙記者は話したと日刊サイゾーは報じた。

    https://ima.goo.ne.jp/word/210272/

    ゲス過ぎワロタwww


    【小さい頃から練習をしてチャンピオンになった結果wwwwwwww】の続きを読む


    丸藤 正道(まるふじ なおみち、1979年9月26日 - )は、日本の男性プロレスラー。埼玉県北足立郡吹上町(現:鴻巣市)出身。プロレスリング・ノア所属。血液型O型。 軽い身のこなしが特徴で、トップロープやコーナーポスト、エプロンサイドなどリング全体を活かした技を得意としている。ただし、アマチュア時
    62キロバイト (9,267 語) - 2021年11月13日 (土) 14:53


    これはネタでも恥ずかしい( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/16(木) 19:59:48.88

    12/16(木) 19:36
    東スポWeb

    TKO木下がノア丸藤相手にまさかの優勢 SNSバトル第2Rは「酒豪・丸藤を潰したら100万円」
    丸藤(左)を攻めるTKO木下(東スポWeb)
     お笑いコンビ「TKO」木下隆行(49)が16日、大阪市のメルパルクホール大阪で行われた亀田興毅氏が会長(35)を務める「3150ファイトクラブ」のボクシング興行「3150ファイトVol.1」で格闘家デビュー。ノアの丸藤正道(42)とボクシングルールで対戦した。

     木下が後輩芸人にペットボトルを投げつけたパワハラ騒動の際、「プロレスみたいな」と表現したことに丸藤が激怒。SNSで〝プチバトル〟を繰り広げた因縁の2人が、1分2Rのスパーリング形式でのスペシャルマッチを行った。

     木下はボケも一切なく、真剣なまなざしでリングに上がった。試合は「木下が丸藤にボコボコにされる」という前評判だったが、フタを開ければ110キロと80キロという体重差を利して、意外にも木下が押し気味に展開。スリップとはいえ、パンチを受けた丸藤が倒れる場面もあった。

     試合後、丸藤から「パンチが重かった」と評された木下だったが、丸藤との試合は「ほんまに怖かった」。本格的な格闘技参戦についても「いったんゼロにします。一切、考えません」とかたくなに拒否した。

     一方、SNSのバトルについては「メッチャ謝りましたよ」と話す木下に対し、丸藤は不満げで「和解はしません。何なら試合もちょっと押されたし、俺がしっかりKOしてたらいいけど」と和解を拒否。「もう再戦が決まりました。『酒豪・丸藤を潰したら100万円』という企画です」と〝第2ラウンド〟を発表した。

    「すし屋で酒を飲めば(日本酒)2升はいける」という丸藤だけに、木下は「勝てるか!勝てるわけない」と早くも〝泣き〟が入っていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/10e80f5686642bb6b0c14f0f1ea1c922f7097759


    【プロレスラーノア丸藤、50手前のオッサンに負けてしまう…】の続きを読む


    500本を超え、世界一売れたメガネとしてギネス世界記録に認定された。ギネス記録には、ヒカルプロデュースの3種類のメガネで挑戦した。 同年8月31日、宮迫のYouTubeチャンネルにて、かねてより発表していた、ヒカルが1億円の出資、宮迫がプロデュースして共同経営する焼肉屋『牛宮城』が東京・渋谷で10
    31キロバイト (4,082 語) - 2021年12月6日 (月) 07:44


    金のパワープレイですね(*'ω'*)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/10(金) 06:47:37.62 ID:CAP_USER9.net

    12/10(金) 5:15配信
    東スポWeb

    左から朝倉、ヒカル(東スポWeb)

     ユーチューバーのヒカル(30)と格闘家・朝倉未来(29)が2人で新しいプロジェクトを立ち上げることになった。8日にヒカルのユーチューブチャンネルで発表した。「ミライエ」という名称で、新事業を立ち上げる若者たちに密着する企画だ。

     ヒカルと朝倉は以前から共同事業を話し合っていた中で、当初に挙がっていたのはヤンキーを一つの家に集めるという「ヤンキーテラスハウス」。ほかにも恋愛要素が絡んだリアリティーショーなども持ち上がったという。

     最終的に発表となったのは「スタートアップリアリティーショーです。6人が3か月間、1つの家に集まって事業計画を立ててもらって、3か月間で一つのビジネスを作り上げます。そして最終的に僕たちにそれをプレゼンしてもらいます。いいなと思ったら本当に投資して一つの事業が世の中に生まれるという、それを追いかけるという番組です」(ヒカル)

    「ミライエ」というタイトルで来春から配信予定で、撮影だけで5000〜6000万円ほどかける大型企画となる。応募の中から選ばれた20歳から36歳の若者が新事業立ち上げを目指す。

     朝倉は「そもそも夢を持っていない若者が多いからこの企画を思いついたんですけど、夢っていっても実際に実現しないと意味がないんで、今回事業として実現していく形が若者の勇気にもなるってことでね。すごい面白い番組なんじゃないかなと思います」。

     さらにヒカルから注目発言もあった。「ユーチューブチャンネルでもちろん無料で配信するんですけど、プラスアルファでほかの媒体でも放送したいなというふうに考えているんですよ。別の放送局でも流せたらいいかなと考えています」

     これにざわめき立ったのが、テレビ局だ。「オーディション番組やリアリティーショーというのは特に若い世代に根強い人気がある。その上に若い世代でカリスマ的人気を誇るヒカルと朝倉の企画ということで、子供から49歳までも対象にしたコア視聴率が見込める。いよいよ地上波が獲得に乗り出すのでは。それにしてもビジネスがうますぎます」(テレビ局関係者)

     これまでテレビ局とユーチューブはいわば〝ライバル〟関係だった。これを機に融合が一気に進むかもしれない。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3c96141a6e69be5e9361276002ac4df07e90570


    【今度は朝倉未来と!?ヒカルがまた新事業を立ち上げたぞwwww】の続きを読む


    武井 (たけい そう、1973年5月6日 - )は日本のタレント、元陸上競技選手。日本フェンシング協会会長。陸上競技・十種競技元日本チャンピオン。引退後はタレントとして活動し、「百獣の王」を目指している。SPECIALIST JAPAN所属。 東京都葛飾区出身。修徳中学校・高等学校を経て、神戸学院
    36キロバイト (4,703 語) - 2021年11月7日 (日) 01:24


    ちょっとした努力で成果が見えるから続くのでは( ;∀;)

    【武井壮「努力できることが才能..?そうやって人が何かやったことを才能だと片付けるなら家で寝とけ」 ←賛否両論にwwww】の続きを読む


    加藤ローサ「想像を超える」結婚10周年ダイヤ指輪を披露 夫・松井大輔の言葉が「素敵」と反響
     女優・加藤ローサ(36)が4日、インスタグラムを更新。サッカー元日本代表で、現在はY.S.C.C.横浜のフットサルチームでプレーする松井大輔選手(…
    (出典:デイリースポーツ)


    加藤 ローサ(かとう ローサ、1985年6月22日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル、女優である。愛称は、ロッチン、ロックン。 鹿児島県鹿児島市出身。夫はプロサッカー選手の松井大輔。現在のマネジメント会社は、夫と同じT.PERSONAL。 母親が日本人で父親がイタリア人。両親が知り合った
    23キロバイト (2,687 語) - 2021年8月16日 (月) 10:47


    ずっと綺麗ですね( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/05(金) 13:50:31.68 ID:CAP_USER9.net

    11/5(金) 13:41
    J-CASTニュース

    加藤ローサ、結婚記念の指輪にまさかの文句 「日常使いできる物と交換する!」→夫の返答に称賛
    加藤ローサさんのインスタグラム(@kato_rosa_)より
     俳優の加藤ローサさんが2021年11月4日、夫でサッカー元日本代表の松井大輔さんから、結婚10周年を記念した指輪をプレゼントされたことインスタグラムで明かした。

     加藤さんと松井さんは2011年6月22日に結婚。2人の子どもがいる。

    ■「毎日つけたっていいじゃない」

     加藤さんはインスタグラムで、「ちょっと前の話です」と切り出し、「結婚10周年のお祝いをしました〜」と報告。

     10周年を記念し、「指輪まで頂いちゃった」とプレゼントも明かしたが、松井さんから「前日に『指のサイズなに?』とメッセージが来ていたので、薄々(いや、はっきりめに)指輪もらうぞ!! と思っていました笑」とバレバレのプレゼントだったとお茶目に暴露していた。

     加藤さんは投稿で、左手薬指に指輪を着けた自身の写真などを披露している。写真を見る限りでは、指輪は遠目で見てもかなり大きなダイヤがついたもの。加藤さんも「想像を超えるギラギラした指輪」と驚きつつ、「これをつけて行く所なんてない!! 日常使いができる物と交換する!! 」と松井さんに訴えたという。

     しかし、松井さんはこの訴えに、「指輪につけて行く所なんて決まってないよ、似合ってるから毎日つけたっていいじゃない」と返してくれたそう。加藤さんはこの言葉に「ああ、そうですか」と納得したようにつづり、「というわけで、子供達の運動会でおろしました笑」と明かしていた。

     この投稿に加藤さんの元には、

    「なんて素敵な話!」
      「エピソードもだし、そういう演出できる旦那さまも素敵!」

    という声が集まっていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6205bb0c52aa619e3d5731eb86934b6a6c70d4e1

    【写真】加藤ローサさんが披露した「ギラギラ指輪」

    (出典 www.j-cast.com)


    【加藤ローサ、結婚記念の指輪にまさかの文句!?と思いきやただの惚気話をする】の続きを読む

    このページのトップヘ