いかチャンネル

世の中の可愛い記事をまとめております。
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: 海外スター


    ジョニーデップ(英: Johnny Depp)(1963年6月9日 - )は、アメリカ合衆国出身の俳優、ミュージシャン。本名:ジョン・クリストファー・"ジョニー"・デップ2世(英: John Christopher "Johnny" Depp II)。 日本では「ジョニデ」などと略されることもある。
    58キロバイト (5,834 語) - 2020年8月7日 (金) 08:07



    (出典 rank1-media.com)


    はちゃめちゃですね(*´ω`)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/29(水) 13:11:07.04



    「いつかジョニーを殺してしまうかも」ジョニー・デップをDVで訴えている元妻にも〝DV疑惑〟
    ロンドンでの裁判に出廷したジョニー・デップの元妻アンバー・ハード(ロイター)
     米俳優ジョニー・デップ(57)が自身を「DV夫」と報じた英紙「ザ・サン」に対して名誉棄損で訴えた裁判は今週、ロンドンで最終弁論を終えた。裁判では元妻で同女優のアンバー・ハード(34)側がデップによる暴行被害を主張したが、ここにきてアンバーこそ〝DV妻〟で「いつかジョニーを殺してしまうかも」という恐怖の証言が飛び出した。

     英紙デーリー・ミラーは28日、アンバーの妹ホイットニー・ヘンリケスさんの雇用者だったジェニファー・ハウエルさんの証言を報道。ホイットニーさんは姉がいかに狂暴かを訴え「(当時夫だった)デップがなぜ、あんな虐待を我慢できるのか分からない」と漏らしたというのだ。

     ジェニファーさんが証言したのは、米国・バージニア州の裁判所。こちらは、デップがアンバーを相手取り、損害賠償5000万㌦(約5250万円)を求めている裁判だ。

     ここでポイントはアンバーの妹・ホイットニーさんの発言。ホイットニーさんは先日、ロンドンでの裁判で姉側の証人として出廷し、2015年にロサンゼルスの家で起きた2人の夫婦ゲンカについて証言。仲裁しようとした自分を、酒に酔ったデップが階段から突飛ばそうとしたことから、アンバーは「妹に手をあげるな!」と叫び、夫を叩いたという。さらに逆上したデップは、アンバーの頭部を殴りつけたと証言していた。

     だが、ジェニファーさんによると、ホイットニーさんが自分に明かした話は、その証言と相反するものだったという。

     その内容はこうだ。実際に夫婦ゲンカで暴行していたのはアンバーで、ホイットニーさんが止めに入ると、姉は怒りに任せて妹を階段から突き落とそうとした。その際、ホイットニーさんは「いつか姉はジョニーを殺してしまうかもしれない」と不安を感じたという。

     ジェニファーさんの証言が報道されると、ホイットニーさんは「完全な作り話」とし「ジェニファー・ハウエル氏の証言は事実にそぐわないもので、なぜそんな発言をしたのか分からない」との声明を出した。

     どちらかが虚偽の証言をしたのか…。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200729-02021082-tospoweb-ent


    【【どういうこっちゃ】ジョニー・デップをDVで訴えている元妻にも〝DV疑惑〟】の続きを読む


    キーファーサザーランド(Kiefer Sutherland, 1966年12月21日 - )は、カナダ国籍の俳優、プロデューサー。イギリス出身。主にアメリカ合衆国で活動しており、主演代表作に『24 -TWENTY FOUR-』シリーズなどがある。 父は俳優のドナルド・サザーランド
    28キロバイト (2,228 語) - 2020年7月1日 (水) 01:06



    (出典 images.ciatr.jp)


    やっぱり24はこの人じゃないと((+_+))

    1 湛然 ★ :2020/08/10(月) 05:22:55.86

    2020年8月10日 3時51分 ナリナリドットコム
    キーファー・サザーランド「24」また出たい
    https://www.narinari.com/Nd/20200861019.html

    (出典 cdn.narinari.com)



    キーファー・サザーランドは、再び「24 -TWENTY FOUR-」に出演したいそうだ。

    シーズン9まで主人公ジャック・バウアー役を演じたキーファーは、再び同キャラクターを演じることを熱望しているようで、物語の内容が良ければ、テレビシリーズや映画といった媒体は気にしないという。

    キーファーはフォーブス誌にこう語っている。

    「長いこと映画化を望んできたけど、実現できていない」
    「正直に言うと、僕にとって『24』の新作のフォーマットよりも物語のクオリティーの方が重要なんだ。2時間で伝えられる素晴らしい物語を誰かが思いつけば、映画にするけど、『24』時間になりうる素晴らしい物語なら、テレビ番組にするよ」

    また同ドラマが「贈り物」だったというキーファーは、「俳優として、『24』は今まで体験した最もダイナミックな経験の1つであり続けている。一人のキャラクターが、あれほど短時間でそういったハイとローを経験できたなんて贈り物だ」「そんなことができる設定なんて他にあまりないし、それが、とても楽しく、挑戦的で、エキサイティングなんだ」「9ものシーズンがあり、成功した作品としての位置を確立している。だから、それにダメージを与えるようなことはしたくないというのが難しい点だ」と続けた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【海外スター】キーファー・サザーランド「24」再出演を希望する】の続きを読む


    ザ・ロック(The Rock)ことドウェインジョンソン(Dwayne Douglas Johnson、1972年5月2日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、元プロレスラー。 カリフォルニア州ヘイワード出身、ホームタウンはフロリダ州マイアミ。祖父、父共に名プロレスラーであり、三世プロレスラーとして知
    43キロバイト (4,832 語) - 2020年8月4日 (火) 11:29



    (出典 rooftop.cc)


    レベルが違いすぎて想像もできません((+_+))

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/12(水) 19:26:32.83 ID:CAP_USER9.net

    2020年8月12日 14時31分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0117935

    (出典 img.cinematoday.jp)


    [ロサンゼルス 11日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」は11日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ男性俳優」ランキングを発表し、元プロレスラー「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンが2年連続でトップとなった。

     フォーブスの推計によると、ジョンソンは2019年6月からの1年間に、推定8,750万ドル(約93億4,000万円)の収入を得た。 このうち2,350万ドルは、ネットフリックスの映画『レッド・ノーティス』の出演料という。

     2位は『レッド・ノーティス』でジョンソンと共演しているライアン・レイノルズで、7,150万ドル。『レッド・ノーティス』の出演料が2,000万ドル、ネットフリックスの別の映画『6アンダーグラウンド』の出演料も2,000万ドルだった。

     3位はマーク・ウォールバーグで5,800万ドル。ネットフリックスの映画『スペンサー・コンフィデンシャル』で主演を務めた。

     4位はベン・アフレックの5,500万ドル、5位はヴィン・ディーゼルの5,400万ドル。

     インド映画界「ボリウッド」の人気俳優で唯一トップテンに入ったのは6位のアクシャイ・クマール。4,850万ドルを稼いだ。


    【推定年収9340000000円!!ドウェイン・ジョンソンがまたも一番稼ぐ男優に選ばれる】の続きを読む


    エドワード・ウォルター・ファーロング(Edward Walter Furlong、1977年8月2日 - )は、アメリカ合衆国の俳優。 カリフォルニア州グレンデール出身。父とは面識がなく、母のエレアノル・タフォヤは青年センターの職員でありメキシコの血を引いていた。推測によればおそらく他にロシアとネイ
    15キロバイト (1,359 語) - 2020年8月2日 (日) 05:40



    (出典 i.ytimg.com)


    おっさんになっても素敵(*´ω`)

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/02(日) 08:42:17.47

    2020年8月2日 5時02分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0117574

    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


     映画『ターミネーター2』(1991)のジョン・コナー役で一世を風靡(ふうび)した俳優エドワード・ファーロングが、本日8月2日に43歳の誕生日を迎えた。大作で鮮烈デビューを果たし、“美少年”として一躍注目されたエドワードだが、薬物依存や離婚問題など、これまでのキャリアは決して順風満帆ではなかった。

     デビュー作『ターミネーター2』でエドワードは、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)の息子で、人類抵抗軍の指導者となる運命にあるジョン・コナーを熱演。T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーに引けを取らない演技を披露し、同年のMTVムービー・アワードでブレイクスルー演技賞を受賞。その後も『ペット・セメタリー2』『アメリカン・ハート』『母の贈りもの』に出演するなど、1990年代を通して目覚ましい活躍を見せる。

     日本での人気も高く、CM出演やアルバムリリースなど精力的に活動していたエドワード。しかし、『ターミネーター2』でブレイク後、薬物依存症とアルコール依存症に苦しみ、2000年にリハビリ施設に入院。治療後も、薬物の過剰摂取で救急搬送されたほか、2001年には無免許運転、飲酒運転で逮捕されてしまう。2003年に『ターミネーター3』が公開されたが、エドワードの出演は見送られ、ジョン・コナー役にはニック・スタールが起用された。

     さらにエドワードは、2006年に結婚した女優レイチェル・ベラとの間にもトラブルを抱えた。2009年にレイチェルが離婚を申請すると、エドワードに3年間もの接近禁止令が言い渡される。だが、エドワードはこれを無視して彼女に近づき、2011年に逮捕。2013年に保護観察違反で、禁固刑に処せられている。同時期にエドワードは、ドメスティック・バイオレンス(DV)の疑いでも逮捕されており、黄金期のオーラは影を潜めてしまった。

     そんなエドワードが、昨年公開された『ターミネーター2』の正統な続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』でジョン・コナー役として復帰すると、製作のジェームズ・キャメロンの口から言及された。28年ぶりの復活にファンの期待も高まっていたが、実際の出演シーンは冒頭のみ(しかも、ジョンは殺害されてしまう)。ジョンの体はボディダブルで、顔はデジタルで置きかえられていた。エドワードは映画公開後、米YouTuberの動画で「あれはひどかったよ。でも、今回の役割なのさ。僕は1日だけ撮影して、その後、製作陣がCGを施したんだよ。ちゃんと出演料もくれた。でも、あれはガッカリだよ」と本音をこぼしていた。

     現在に至るまで、壮絶な人生を送ってきたエドワード。2019年に米Forbes誌の取材に応じた際には、デビューして間もない13歳の自分に向けて「(当時の自分に)大丈夫だと言ってあげたいね。瞬間を楽しむのもありだけど、人生そのものを楽しめってね。人生、良いことも悪いこともある。純粋にリラックスして、楽しんでほしいね」とメッセージを残している。

     43歳になる3週間前には、オンラインイベント「バーチャル・ハリコン」に参加したエドワード。日本のファンが寄せたポートレイト1枚1枚に丁寧にサインを書きながら「また東京に行きたいよ」とメッセージを送るなど、元気な姿を見せていた。

     『ターミネーター:ニュー・フェイト』でのカムバックは思ったようにはいかなかったが、エドワードが今なお多くのファンに愛されているのは事実。俳優として、新たな輝きを見せてくれる日を期待したい。(編集部・倉本拓弥)


    【【ジョン・コナー】エドワード・ファーロングの現在に迫る【ターミネーター2】】の続きを読む


    アリッサミラノ(Alyssa Milano, 1972年12月19日 - )は、アメリカ合衆国の女優、歌手。 ニューヨーク州ニューヨーク・ブルックリン 生まれ。イタリア系。2歳からダンスを学び、8歳の時に『アニー』の地方公演に参加。その後『ジェーン・エア』などの公演にも参加する。1984年のテレビ・シリーズ『フーズ・ザ・ボス
    12キロバイト (836 語) - 2020年8月10日 (月) 14:54



    (出典 www.desktopwallpaperhd.net)


    これはほんとうなのですね((+_+))

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/12(水) 20:15:53.18 ID:CAP_USER9.net

    (CNN) 米女優で活動家のアリッサ・ミラノさんは12日までに、新型コロナウイルスの抗体検査で陽性反応が出た後、頭髪が抜け落ちる状況が発生していることを明らかにした。

    ミラノさんは3月に発熱や頭痛を感じて以降、新型コロナの症状に悩まされている。9日に自身のツイッターへ「新型コロナで頭髪がどうなるかを見てもらおうと思った」「どうか深刻に受けとめて」と投稿した。

    添付された動画の中でミラノさんは濡れた髪にブラシをかけ、大量の頭髪が抜ける様子を説明。「一度のブラッシングでこれだけの髪が抜ける。新型コロナのせい」としたうえで、マスクを着用して感染抑止に取り組むよう呼び掛けた。

    5日には、発症から2週間後の4月2日に撮影した姿だとして呼吸補助用のマスクを着けた自身の写真をインスタグラムに投稿してもいた。

    現在は回復しつつあるものの、先週のCNNとのインタビューではこの段階で取るべき行動の指針がないことへの不安を表明。「心臓や肺の検査を受けた方がいいのかどうかわからない。血管系についての心配もある」と打ち明けた。

    インタビューに同席した感染症の専門家は、この後の段階でなすべき行動がまだ確立されていないとする一方、ミラノさんのように依然として症状のある人は誰であれ、主治医の診察を受け続けるべきだとの見解を示した。

    2020.08.12 Wed posted at 10:27 JST
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35158030.html

    (出典 www.cnn.co.jp)


    アリッサ・ミラノInstagram
    https://www.instagram.com/tv/CDroDxYAdzx/?igshid=qa7h5gf6dt37


    【【悲報】米女優 ”アリッサ・ミラノ”、新型コロナのせいで頭髪がぬけてしまう】の続きを読む


    ジェームズボンド (英: James Bond) は、イギリスの作家イアン・フレミング(1908年 - 1964年)のスパイ小説、およびこれを原作とするメディア・フランチャイズ。 父・アンドリューはヴィカーズ・ディフェンス・システムズ社に勤めるスコットランド人、母・モニク・ドラウはスイス人。
    87キロバイト (8,529 語) - 2020年8月11日 (火) 05:17



    (出典 courrier.jp)


    自分もこの人のイメージが強い((+_+))

    1 muffin ★ :2020/08/11(火) 12:14:52.49

    https://www.narinari.com/Nd/20200861033.html
    2020/08/11 11:01

    ショーン・コネリーが、ダニエル・クレイグを抑え、“史上最高のジェームズ・ボンド”となった。

    1万4000人以上が参加したRadioTimes.comによるこの投票では、1962年作「007 ドクター・ノオ」や1965年作「007 サンダーボール作戦」を含む7作品でボンド役を演じたショーンが、歴代最も人気のあるジェームズ・ボンドに選ばれた。

    数ラウンドにわたり行われた今回の投票では、第1ラウンドでショーンが56%を獲得し、新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」を控える現任ダニエル(43%)を上回り、第2ラウンドでは「007/ワールド・イス・ノット・イナフ」「007/ダイ・アナザー・デイ」「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」「007/ゴールデンアイ」で同役を演じたピアース・ブロスナンが76%の票を集め、24%だった1969年作「女王陛下の007」のジョージ・レーゼンビーを抑えた。

    そして、第3ラウンドではティモシー・ダルトンが49%で、41%のロジャー・ムーアを下したほか、ショーン、ティモシー、ピアースが参戦した最終ラウンドでは、ショーンが44%を獲得しトップ、ティモシーが32%で2位、ピアースが23%で3位となった。

    また最近、次期ジェームズ・ボンドを予測する人気投票も行われていた。世界中で8万人近くが参加した同調査では、2006年に同役のオーディションを受けたもののダニエルに敗れていた「アウトランダー」のサム・ヒューアンが30%で断トツのトップに輝き、後には「ヴェノム」のトム・ハーディが間をあけて14%で2位、スーパーマン役などで知られるヘンリー・カヴィルが11%で3位、「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」のイドリス・エルバが10%で4位、そして「マイティ・ソー」シリーズのトム・ヒドルストンが5%で5位に続いた。


    (出典 cdn.narinari.com)


    (出典 cdn.narinari.com)


    【【009】“歴代最も人気のジェームズ・ボンド”がショーンコネリーに決まる!!】の続きを読む

    このページのトップヘ