いかチャンネル

世の中の可愛い記事をまとめております。
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: 外国人


    台湾(たいわん、繁: 臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân/Tâi-uân)は、東アジアに位置する島嶼(台湾島)、台湾島を中心に定義される幾つかの地域としての名称、および中華民国に対する通称の国名である。 1945年、当時台湾を統治していた大日本帝国が第二次世界大戦において無条件降伏したことを受け
    235キロバイト (28,255 語) - 2021年1月6日 (水) 10:51



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    このかた、えなこだと思ってました( ;∀;)

    【【画像】ワイ28歳、この謎に包まれた台湾人にガチ恋してしてまう】の続きを読む


    2010 ロシア関係記事の一覧 ロシアの交通 ロシアの声(全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社) ロシア・ソ連の軍服 ロシア連邦軍 ロシア時間 ロシアの国歌 ロシア正教会 ロシアにおけるイスラーム ロシア大百科事典 社会主義法 BRICs ロシア連邦政府 ロシア連邦政府 公式サイト (ロシア語)(英語)
    134キロバイト (16,516 語) - 2021年1月7日 (木) 08:04



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    三度見しました(*'ω'*)

    【【画像】ロシア人さん配信中に〇○〇〇が爆発するwwwww】の続きを読む


    2010 ロシア関係記事の一覧 ロシアの交通 ロシアの声(全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社) ロシア・ソ連の軍服 ロシア連邦軍 ロシア時間 ロシアの国歌 ロシア正教会 ロシアにおけるイスラーム ロシア大百科事典 社会主義法 BRICs ロシア連邦政府 ロシア連邦政府 公式サイト (ロシア語)(英語)
    134キロバイト (16,516 語) - 2021年1月7日 (木) 08:04



    (出典 static.curazy.com)


    うらやましすぎる( ;∀;)

    【【画像】ロシアJKの水泳授業の様子をご覧ください】の続きを読む


    虹彩異色症 (オッドアイからのリダイレクト)
    バイアイ(bi-eye、片青眼)やオッドアイ (odd-eyed) も虹彩異色を表す言葉として使われることがあり、特に動物に対して使われることが多い。また、名称だけでなく発症割合としても、ヒトよりもイヌやネコが発症する場合が多い(ネコについては別項「オッドアイ (ネコ)」を参照のこと)。
    10キロバイト (948 語) - 2020年12月6日 (日) 11:08



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    生活たいへんだろうな( ;∀;)

    【【画像】ロシアでアルビノとオッドアイを兼ね備えた少女が見つかる】の続きを読む


    様々な意味での区別・分類によって「」は言い分けられ、使い分けられる。 観念としての「人物」 / 理想 / 人物の理想(ヒーロー、アイドルなど) / 未来(将来) / 政治的英雄 / 性別・身分・職業・素性などに基づく(男性・女性、指導者・君主、教師、犯人など) / 性的対象の(オナペットなど)
    15キロバイト (1,394 語) - 2020年11月14日 (土) 22:54



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    軽くホラーですね(*'ω'*)

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/01/06(水) 11:58:25.291 ID:tjEoO77W0.net


    (出典 i.imgur.com)


    【【画像】ロシアのとある村に設置された美少女の像がなにかおかしい…】の続きを読む


    台湾(たいわん、繁: 臺灣 / 台灣、台: Tâi-oân/Tâi-uân)は、東アジアに位置する島嶼(台湾島)、台湾島を中心に定義される幾つかの地域としての名称、および中華民国に対する通称の国名である。 1945年、当時台湾を統治していた大日本帝国が第二次世界大戦において無条件降伏したことを受け
    235キロバイト (28,255 語) - 2021年1月6日 (水) 10:51



    (出典 23marugt.com)


    結局、齋藤飛鳥さんなのかな( ;∀;)

    1 風吹けば名無し :2020/12/27(日) 17:34:17.90 ID:gdjbpJzd0.net


    (出典 i.imgur.com)


    【【画像】こんな子に応援されるとか台湾選手うらやますぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ