いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    カテゴリ: 漫画


    呪術廻戦』(じゅじゅつかいせん)は、芥見下々による日本の漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2018年14号から連載中。2021年29号から作者の体調不良により休載されていたが、同年35号より連載が再開。略称は『呪術』。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いた、ダークファンタジー・バトル漫画。
    189キロバイト (33,699 語) - 2021年9月11日 (土) 11:54



    (出典 www.kinokuniya.co.jp)


    パクリなのかオマージュなのか_:(´ཀ`」 ∠):

    【呪術廻戦作者「うずまきがパクリだと指摘されたので単行本では変更しました!」←これもパクリだった事が判明】の続きを読む


    HUNTER×HUNTER (ハンター×ハンターからのリダイレクト)
    『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は、冨樫義博による日本の少年漫画作品。『H×H』と略されることもある。 主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンター(詳細は下記)となり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険活劇。
    127キロバイト (20,640 語) - 2021年8月26日 (木) 08:22



    (出典 huncyclopedia.com)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/11(土) 17:59:15.191

    念獣をあんなに作ったらメモリの無駄遣い
    いっぽうスクワラは具現化する念がいらず犬の牙に念を集中させれば相手の頸動脈を素早く噛み切れる
    犬を二チームに分けて囲んで一チームがかかってって相手が防御してるときに逆方向から二チーム目がかかっていけば避けるのも難しい


    【ハンターハンターで論理的に考えて能力自体はレイザーの能力よりスクワラの犬を操る能力のほうが強い】の続きを読む


    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画作品。略称は「鬼滅」。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。 大正時代を舞台に主人公がと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。2021年2月時点でコミックス
    360キロバイト (62,684 語) - 2021年9月11日 (土) 08:48



    (出典 www.epkyoto.co.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/11(土) 18:10:07.525

    でも具体的な名前って浮かばないよね


    【「キツネのお面で顔を隠したキャラ」ってなんか見たことある気するじゃん?】の続きを読む


    『僕のヒーローアカデミア』(ぼくのヒーローアカデミア、My Hero Academia)は、堀越耕平による日本の漫画作品。略称は『ヒロアカ』。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2014年32号より連載中。「“無個性”」だった主人公が最高のヒーローを目指して成長していくヒーロー漫画作品。堀越耕平にとっ
    449キロバイト (73,000 語) - 2021年9月7日 (火) 04:38



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/09/11(土) 17:55:39.666

    チート能力得てからの努力は努力に入らないからな


    【ヒロアカ「クズで向上心のない、努力もしないキモオタが棚ぼたチート能力で無双してチヤホヤされます」←なろうじゃん】の続きを読む


    格闘漫画(かくとうまんが)は、日本における漫画のジャンルの一つ。 主に格闘技を題材とした作品を指す。格闘技を使わない戦闘や勝負を描いた漫画は俗にバトル漫画や、アクション漫画と呼ばれ、格闘漫画とは区別される。 1952年の『イガグリくん』(福井英一)から始まったジャンルだとされる。その後、1967年
    3キロバイト (412 語) - 2021年8月13日 (金) 05:40


    ケンガンが最近ハマってる(*'ω'*)

    1 Anonymous ★ :2021/08/23(月) 20:17:34.45

    2021年8月23日
    https://myjitsu.jp/enta/archives/94212

    昨今の出版業界は、星の数ほどの格闘漫画で溢れかえっている。そこで「好きな格闘漫画は?」と尋ねれば、おそらく『刃牙』シリーズや『はじめの一歩』を挙げる人が多いのではないだろうか。しかし今現在、真の漫画好きの間では別のタイトルが大きな盛り上がりを見せているという…。

    格闘漫画というジャンルにおいて、花形と言えるのが「異種格闘技戦」。さまざまな武術を極めた者たちが繰り広げるバトルは、現実では決して見られないロマンに満ちあふれている。そんな異種格闘技を題材として、圧倒的な人気を集めているのがWebサイト『となりのヤングジャンプ』で連載中の『バトゥーキ』だ。

    同作は、ギャンブル漫画『嘘喰い』の作者・迫稔雄による最新作。両親を奪われた“いっち”こと三條一里が、ブラジル発祥の武術・カポエイラを極めていくというストーリーだ。序盤はたんなる格闘技ではなく、文化としてのカポエイラを紹介する展開が続いたが、徐々に物語が加速していく。

    一里は空手や合気道、柔道などの使い手と戦い、カポエイリスタとして成長するのだが、とくにアツいのは6巻から始まる「vs悪軍連合編」。バトル漫画の定番であるトーナメント戦が繰り広げられ、カポエイラのさらなる可能性が描き出される。さらにはサンボvs柔道や合気道vsシステマなど、見たこともないような組み合わせのドリームマッチが勃発するのだ。

    しかも作中では昨今の異種格闘技戦を踏まえてリアルな描写が行われており、まさに令和最新の格闘漫画といった風格。作者・迫がブラジルの道場に行くほどのガチのカポエイリスタであることも、そんなリアリティを支えているのだろう。

    「どんな手を使ってでも勝つ」という強さ

    どんな格闘漫画にも、卑怯な手を使って勝とうとするキャラクターがいるもの。大抵の場合、そうした戦法は主人公の前に敗れ去ってしまうのが通例だ。しかし木多康昭の『喧嘩商売』、およびその続編にあたる『喧嘩稼業』は「主人公がもっとも卑怯」という異色の作品となっている。

    主人公の佐藤十兵衛は、古武術「富田流」を自己流にアレンジして戦う高校生。頭の回転が異常なほど早く、勝利のためにあらゆる策略をめぐらせるのが特徴だ。精神攻撃や奇襲はもちろんのこと、凶器の利用やドーピングなども平然と行うという主人公にあるまじき戦闘スタイルをもつ。

    また、「喧嘩稼業」では格闘技界の最強を決める「陰陽トーナメント」が開催されるのだが、その内容がかなりエキサイティング。強すぎて本気で戦ったことのないキックボクシング王者、843勝0敗の最強力士、生きる伝説となった合気道家など、錚々たるメンバーによる激闘が描かれていく。

    しかも登場人物の中には、十兵衛と同じくダーティな戦法を得意とする者も。観客がいる試合でありながら、リングポストに毒を仕込んで毒殺を狙おうとするなど、いっそ清々しいほどに“なんでもあり”な戦いが繰り広げられるのだ。

    誰も見たことのない新時代の王道「バトゥーキ」と、邪道を極めた「喧嘩稼業」。この2作品を読まずして、現代の格闘漫画は語れない。

    文=「まいじつエンタ」編集部


    【今ホントに熱い格闘漫画ってなに??】の続きを読む


    範馬刃牙の父親にして、もっとも因縁が深い敵でもある。悪魔的と例えられる風貌で、ライオンの鬣のような怒髪をオールバックにしている。基本的に軽装で黒のカンフー着、カンフーシューズが多い。 「地上最強」の異名の通り、何者をも超える絶対的な力を欲しいままにしている(刃牙曰く「癌細胞でも勇次郎
    23キロバイト (4,171 語) - 2021年7月26日 (月) 09:31


    今何してるの??

    【【悲報】範馬勇次郎さん、見境が無くなる…】の続きを読む

    このページのトップヘ