いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    2022年04月


    中島 知子(なかじま ともこ、1971年(昭和46年)8月26日 - )は、日本のタレント、女優、AV監督。本名同じ。2013年まで松嶋尚美とともに漫才コンビ「オセロ」として活動していた(主にツッコミを担当)。 コンビ名のオセロは、中島と松嶋の肌の色がそれぞれ黒と白であることからオセロゲームに見立て
    26キロバイト (3,344 語) - 2022年4月7日 (木) 09:50
    あんなことがなければ( ;∀;)

    1 湛然 ★ :2022/04/26(火) 06:06:15.08

    元「オセロ」中島知子、50歳になった現在の姿に「相変わらずおきれい」「久々過ぎてびっくり」
    4/25(月) 17:59 スポーツ報知
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c7d245c726fc426b5232df206893b6803eb2e8ec
    みかんのインスタグラム(@mikan02241984)より

    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)



     ものまねタレント・みかんが25日までに自身のインスタグラムを更新。元「オセロ」メンバーでタレントの中島知子(50)との2ショットなどを公開した。

     みかんはテレビ番組に出演した際の、中島との2ショットを公開。「ものまね紅白歌合戦スペシャル 皆さんありがとうございました まさかこんな日が来るとはっっっ ご本人の中島知子さんとの共演 夢のような時間でした ミラクルも18年前から中島さんのものまねをやってるけど、この日初対面とか 私もいつも以上に緊張した 中島さんは今、現在は大分にいるとかで 色んな良い温泉に入れて、羨ましい 最近では他の番組でもよく見かけるのでこれからの活躍も楽しみですね 今までミラクルとオセロさんのものまねいっぱいやってきたけど過去一面白くて楽しかった」とした。

     この投稿に「綺麗ですね」「知子姉さんが見れて嬉しかったです。ありがとうございました」「中島さん大好きです 戻ってきて欲しいです」「久々に見た中島さん 相変わらずお綺麗 尚美ちゃんもそっくりですよね」「中島知子さんご本人登場も久々過ぎてびっくりやらでしたが、みかんさんの松嶋さんのモノマネが激似過ぎて、あれ?オセロ揃った?って思ってしまいました」などの声が寄せられている。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【画像】元「オセロ」中島知子(50)が変わらなすぎると話題にwwwww】の続きを読む


    ニューヨークは、嶋佐和也と屋敷裕政からなる日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。2010年結成。M-1グランプリ2019・2020、キングオブコント2020(準優勝)・2021のファイナリスト。NSC東京校15期生。 嶋佐 和也(しまさ かずや、1986年〈昭和61年〉5月14日 -
    37キロバイト (4,387 語) - 2022年4月23日 (土) 16:08
    似たようなスタイル(*'ω'*)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 13:30:52.22

    2022.04.27 11:03
    まいじつ

    『品川庄司』の品川祐が4月26日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。後輩芸人たちから大いにディスられて落ち込む様子を見せた。視聴者からは品川に同情する声や、後輩の言い分に納得する声が寄せられた。

    品川は企画「格付けしあう売れっ子たち」に9年ぶりに登場。『錦鯉』の2人や『とろサーモン』の久保田かずのぶらと共演した。番組ではテレビ業界の女性を相手に「好きな芸人」とのテーマでアンケートをとり、芸人10人をランク付けした。

    結果発表の前に『ニューヨーク』の屋敷裕政が予想したランキングを発表。1、2位は『見取り図』のリリー、盛山晋太郎で、品川は8位だった。

    屋敷は「『好きな芸人』で品川さんって入れるのってリスクしかない」とバッサリ。「うそだろ?」と驚いた品川だったが、屋敷は構わず「よっぽど好きなんやったら入れますけど。ぐるっと(回って)品川さん、上位にする人誰もいないと思うんですよ」と続けた。


    『ニューヨーク』屋敷裕政らがバッサリ

    また、元ヤンキーともウワサされる品川について、屋敷は「元ヤンの人って2種類に分かれるイメージがあって」と指摘。「元ヤン」は色気があふれ出る人物と、ただ怖いだけの人物に分けられるとし、品川は「ただただ怖い方。エロくないというか…」とダメ出しした。

    盛山はこれに共感し「急に髪の毛、青とか緑にする人って何してくるか分からない」と追い打ちを掛ける。品川が腕組みして落ち込んだ様子を見せると、盛山は「何も言うてこられないのも怖いんでやめてくださいよ! それが(逆に)怖い」とした。

    視聴者は品川を気遣っているが、それでも屋敷の言い分は間違っていないと論評している。

    《屋敷さんを上位にしてる品川さんや久保田さんがかわいそうではあるものの、屋敷さんがつけた順位の理由が的確だと思います》
    《品川さんの緑良かったのになぁw》
    《品川好きっていうのはリスクwwwww 元ヤン要素が色気に昇華出来てないw》
    《9年あいても品川は下位要員》
    《品川は久しぶりに見るけどやはり裏で何かしそうな雰囲気があって怖い》
    品川は自身を4位に予想していたのだが、仲間の評価は散々だった。

    https://myjitsu.jp/archives/348828


    【ニューヨーク”屋敷”、品川さんをディスりまくるwwwwww】の続きを読む


    前田 (まえだ けん) 前田健 (タレント) - ケイダッシュステージ所属ものまねタレント(故人)。 前田健 (バレーボール) - 元バレーボール選手、指導者。日本文化出版社長。 前田健 (野球) - かつてプロ野球・阪神タイガースに所属していたトレーニングコーチ。 前田昌明(声優)の旧芸名。 前田健
    819バイト (164 語) - 2019年1月13日 (日) 13:57
    知らなかった( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 08:03:41.50

    4/27(水) 7:47
    スポニチアネックス

    はなわ 16年急逝の先輩・前田健さん命日に思い「あぁ、話がしたい。いつもそう思うこの日です」
    お笑いタレントでミュージシャンのはなわ
     お笑い芸人のはなわ(45)が26日深夜、自身のインスタグラムを更新。16年に虚血性心不全のため急逝したお笑い芸人の前田健さん(享年44)への思いをつづった。

     前田さんの6回目の命日を迎えたこの日、はなわは「今日はまえけんさんの命日だったので、後輩のHEYたくとまえけんさんのご実家へ会いに行ってきた」と、前田さん宅を訪れたことを明かし、飾られた前田さんの遺影などを公開した。

     「お母様とお兄さんと久しぶりの再会。昔話に花が咲き楽しかった。全く仕事のない若手の頃、めちゃくちゃお世話になったご家族」と振り返り、「まえけんさんがいない時も、家へ上がりこみ、こたつに入っては勝手にインスタントコーヒーを入れて飲んでいた。ある時は、俺がなぜか急にお腹をくだし、う○こをもらしてしまい、お母様に風呂場で俺のGパンを洗ってもらった事もあった。お兄さんが、先日放送されたあちこちオードリーのケイダッシュ芸人の回を見てくれたらしく、面白かったと喜んでくれた」と懐かしんだ。

     「TV離れ、コロナ、戦争…まえけんさんならなんと言ってくれるだろう。あぁ、話がしたい。いつもそう思うこの日です」と前田さんに思いを馳せた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3fbe9e2803f7024fc8b4d5e6fbab43ba9941609

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【はなわ、6年前に急逝の先輩”前田健”の命日に思いふける…】の続きを読む


    おかっぱ眼鏡に紫色の服がトレードマーク。弟がいる。芸人仲間からなっちゃん、なつさんと呼ばれている。 2020年に自身のYouTubeチャンネル「メイプル超合金安藤なつ」開設。 東京都西多摩郡日の出町出身。 身長170cm、体重130kg。血液型はA型。安藤は本名で、「なつ」は「あんドーナツ」から、ブッチャーブラザーズのリ
    26キロバイト (3,311 語) - 2022年4月19日 (火) 12:27
    入らなくていいように健康でいなくちゃね(*'ω'*)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 16:47:52.01

    4/27(水) 14:58
    スポニチアネックス

    メイプル超合金・安藤なつ 閉ざされた狭い空間が苦手 MRI検査も怖く…「風通しが良くないと嫌」

     お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつ(41)が27日、ニッポン放送「ナイツザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に出演。閉ざされた狭い空間が苦手であることを明かした。

     自宅に帰ったら、1番に換気扇をまわし、風通しを良くするという安藤。理由については「風通しが良くないと嫌なんです。密閉された空間が苦手で、空気が流れてないのがすごい苦手」と説明した。

     また、「MRIとか入れます?」と切り出し、「自分無理です、ダメなんです」と告白。続けて、「洞窟とかに入っていくシーンとかも嫌です…。映画とかでも」と狭い所へ入っていく映像を見るのも苦手だという。「洞窟の中に腰くらいまで水があって、奥の方まで狭い所に入っていくシーンとか本当に見れないです。ひらけていればいいんですけど、奥まった小さい所に入っていくみたいなのはちょっと…。体型が人の3倍あるから、つっかかかっちゃったら終わるとか考えちゃう」と話していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/13edaca6d3f39ff1d031526d366eab97acd0c4b0


    【メイプル超合金”安藤なつ”、MRI検査に恐怖を抱く…】の続きを読む


    藤本敏史 (フジモンからのリダイレクト)
    フジモン。 1989年4月に原西孝幸とFUJIWARAを結成し、デビュー。 1991年より数年間は吉本印天然素材のメンバーとして、ナインティナインらとグループ活動もしていた。 2009年5月に『クイズ!ヘキサゴンII』(フジ
    21キロバイト (2,623 語) - 2022年4月25日 (月) 17:14
    なにがスイッチなんだろう( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 18:59:18.02

    4/27(水) 17:42
    スポニチアネックス

    フジモン キム兄に“ブチギレ”られた過去 打ち上げの焼き肉店で「冷麺を一本もすすれず…」

     お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(51)が27日、ニッポン放送「ナイツザ・ラジオショー」(月~木曜後1・00)に出演。お笑いタレントの木村祐一(59)に“ブチギレ”られた過去を明かした。

     昔は上下関係が厳しかったという吉本。藤本は「よく言われるのはキム兄とか…。昔はね。今はすごい優しなったけど、1回キレられたことはありました。俺が悪いねんけど…」とキム兄に怒られた過去を告白した。

     沖縄国際映画祭で日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)の生放送があったといい、収録後に出演者たちで焼き肉店で打ち上げをすることになったという。藤本は「『最後に冷麺食べよか!』ってなって、みんなで冷麺頼んだ。長テーブルの僕が座っている対角線上にキム兄がいてて、その真ん中くらいにお酢があったの」と当時の様子を回顧。続けて、「冷麺にかけようと思って、手を伸ばすくらいの瞬間にキム兄が『フジモン、お酢とって』って言いはった。『分かりました』って取って、自分のにかけて、ハイって渡したんですよ。そしたら、キム兄が俺の方を見て『先輩がお酢貸せ言うてんのに、先に自分のかけるってどういうことや!』って…」とキム兄に怒られた経緯を明かした。

     「これ難しいとこやなと思ったな。先輩が『お酢とって』って言ってるのに…。脳がかけろっていう指示出してもうてるから」と思い返す藤本。「『考えられへん。お前はちょっと昔から知ってるから、甘やかしすぎた』みたいなね。ちょっと俺の甘えもあったかもしれへんけど、すごい怒られて」と話した。そして、「その後の冷麺ですよ。アジア一、あっさりしているという冷麺を一本もすすれず…」と当時の落ち込んだ様子を回想。その後はちゃんと仲直りをすることが出来たという。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/20de96ba3c21d716dc205fb67525882862071148


    【フジモン、キム兄に“ブチギレ”られ冷麺を食べられなかった過去を暴露wwww】の続きを読む


    バービー(1984年1月26日 - )は日本のお笑い芸人である。お笑いコンビ「フォーリンラブ」のボケ(ネタによってツッコミ)担当。北海道夕張郡栗山町出身。ワタナベエンターテインメント所属。既婚者。 北海道栗山高等学校、東洋大学文学部インド哲学科卒業。大学ではチベット密教を学ぶ。
    21キロバイト (2,561 語) - 2022年4月26日 (火) 23:19
    なんで嫌がるのだろう( ;∀;)

    1 ネギうどん ★ :2022/04/27(水) 17:04:37.43


     フォーリンラブのバービーさんが芸人として、ひとりの女性として、日頃抱えているモヤモヤと向き合い、本音をズバッと綴っているFRaUweb連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)。今回は、先日結婚1周年を迎えたバービーさんが、結婚直前にパートナーであるつーたんさんと大喧嘩し、大号泣した日のことを振り返り、改めて考えた「結婚」「夫婦」「既婚者」とは……を綴っていただきました。

    <略>

    婚姻届けを出すことを迷った理由

     婚姻届を出そうと決まってからも、私は旧姓の笹森姓を打診し続けた。姓名判断やあみだくじを提案するも、もろくも崩れ去る。

     そもそも、法律婚をするかどうか長らく結論が出なかったのは、どちらも姓を変えたくないという思いが理由のひとつだ。まだ、選択的夫婦別姓制度が導入されていないため、話は平行線を辿っていた。

     私が結婚に納得するということは、私が姓を変えることを受け入れたということになる。我々の場合は、その選択しかなくなっていた(なぜそこまで頑なだったのか、私が思う結婚に関するよくないイメージは昨年書いた記事を参照ください)。

     夫の姓を名乗ることで、管理下に置かれるイメージがあった。

     「うちの愚妻が失礼しました」という文章は、スッと入ってくるが、「うちの愚夫が」とは、あまりピンとこない。私の家庭がそうだったからというのもある。「○○しなさい」と言うのはいつも父だった。

     2つ目は、アイデンティティとしての名前との別れ。

     あぁもう、「笹森花菜」という奇跡のボタニカルネームは、戸籍上存在しなくなるのだなと思うと、とっても惜しかった。小学生3年の担任の先生からの年賀状に、「全部、草木に関係のある名前ですね」と書かれるまで誰も気づかなかったが、それ以降、私はこの名前が大好きだ。

     道に迷ったときには、よく姓名判断もした。吉凶混合で、総画が大吉なフルネームはまさに、私そのものだった。

     大好きな両親と別の名前になるんだなと、お風呂でひとり泣いた。5分だけ。たとえ、両親が別姓だったとしても、離婚して名前が別々になっていたとしても、両親のどちらとも違う名前になることは、彼らの子どもではなくなるような気がして寂しかった。

     この点に関しては、名前が変わったところで家族との絆はなんら変わりないと実証された。結婚してもしなくても、「お金送ってください」メールは相変わらず届くからだ。
     ねだってくれている間は安心だと、意外なところでホストやキャバ嬢に入れ揚げる人の気持ちを知る。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/08d9bede0b7567d06b3a731fedb5cbc81ef42aad


    【バービー、結婚直前に夫の姓を名乗ることを拒否して大喧嘩wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ