いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    2021年12月


    ぱいぱいでか美ぱいぱいでかみ、本名:仲井 優希(なか ゆき)、1991年5月3日 - )は、日本の歌手、タレント。三重県松阪市出身。2021年12月24日、「でか美ちゃん」に改名。 音楽ユニット・APOKALIPPPSのメンバー(プレイングマネージャー)でもあり、ライブを中心にDJや司会業などを行う。血液型はO型。身長158
    30キロバイト (4,145 語) - 2021年12月25日 (土) 01:30


    そこまで大きくないから面白い(*'ω'*)

    1 フォーエバー ★ :2021/12/24(金) 20:26:12.88

    歌手の*でか美が12月24日に都内で記者会見を行い、「でか美ちゃん」に改名することを発表。この会見をもって“*”と決別し、「でか美ちゃん」として活動していく。

    【写真を見る】竹内朱莉(アンジュルム)が書いた掛け軸で新しい名前を発表

    バラエティー番組「有吉反省会」(日本テレビ系)で“下品な芸名”を反省し、その後はレギュラーメンバーとして番組に出演。2021年9月に番組が終了し、テレビのレギュラー番組本数がゼロになると、ネット上では今後の生活を心配する声が寄せられた。

    「WEBザテレビジョン」のインタビューでは、世間の反応について「あれだけで食べていけるほど簡単な世界ではない」と笑ったが、「名前でダメになっちゃった仕事も結構あった」と告白。「“*でか美”という名前はすごく気に入っているが、その名前によって一番好きである“仕事”が受けにくい状況になってきている」と悩み、改名も考えていると明かしていた。

    会見で、“*”と決別する理由について「より親しみやすく、幅広い方に応援していただけるような存在になれたらとおいうのが一番大きい」と説明。「ジェンダーやフェミニズムについて学ばせてもらって、今でもこの名前をダメだとは思ってない」とした上で、「自分の思想とは逆の方々から『俺たちの味方だ』って見られてしまうこともあり、名乗っているだけでハラスメントに加担している気持ちになることが少しあった」と明かした。

    さらに「NHK対策バッチリの名前になった」とNHK紅白歌合戦への出演、さらには「ゴールデンのバラエティーにも堂々と出られたら」と、今後のさらなる飛躍を誓った。

    2021/12/24 19:43WEBザテレビジョン
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw10312787?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    【ぱいぱいでか美、NHKを意識して”でか美ちゃん”として再スタートするwwww】の続きを読む


    ハートキャッチドリームダンス プリキュアオールスターズ プリキュア プリンセスパーティー プリキュア まほうのパーティー あそんでプリキュア 新・あそんでプリキュア プリキュアオンライン ふたりはプリキュア(PICO) ふたりはプリキュア Max Heart(Beena) ふたりはプリキュア Splash Star(Beena)
    218キロバイト (25,400 語) - 2021年12月19日 (日) 00:58


    同世代の人が偉くなったんだな( ;∀;)

    1 ヒメルダ夫人 ★ :2020/01/16(木) 03:03:48.87

    http://netolabo.itmedia.co.jp/nl/articles/2020/16/news199.html

    闇営業発覚以降、謹慎中の宮迫博之(49)。
    ボランティア活動にいそしんでいるなど報告は数あるが、正式な復帰のめどは立っていない。
    そんな彼に、復帰の話が持ち上がっているというのだ。

    それは、何と『声優』としてである。
    今年2月に始まる新シリーズ『ヒーリングっど・プリキュア』に、ゲストとして出演。
    かつて彼が演じて人気を博した『轟さん』として出演するとのこと。
    バラエティ番組『ワンナイR&R』内で演じていた『Good Lu*!!』のパロディ『Gyuud Lu*!!』が目に留まったと、関係者。
    さしずめ、『ヒーリンGyuud・プリキュア』といったところか。

    なお、宮迫は声優としての実績がある。
    かつて、劇場版作品『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』でウルトラマンベリアルの声をあてて好評を博していた。
    そこを評価されてこの話につながった、という話である。(業界筋)


    『轟さん』とは?

    バラエティ番組『ワンナイR&R』で有名になったキャラ。
    番組中では、『Queen』のフレディ・マーキュリーのような格好であった。
    同性愛の傾向を持っていて、「ギューン!」という決め台詞がお約束だった。
    番組中では、ドラマ『Good Lu*!!』のパロディ『Gyuud Lu*!!』を演じていたりもした。

    参考画像

    (出典 i.ytimg.com)


    【宮迫博之さん、プリキュアの声優で芸能界復帰を果たす!?】の続きを読む


    エドはるみ(1964年5月14日 - )は、日本のお笑いタレント、女優。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。 東京都出身。茨城県、千葉県、東京都で幼少期から学生時代を過ごす。 明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了。 バラエティ番組などで「○○グゥ〜」のネタで知られている。
    34キロバイト (4,473 語) - 2021年11月25日 (木) 14:49


    今で出てきても余裕に立ち回れるでしょ( ;∀;)

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/21(火) 08:14:55.72

    2021.12.20 17:32
    まいじつ 

    「グー!」というネタ一本で一時代を創り、2008年には新語流行語大賞も受賞した芸人のエド・はるみ。現在、メディアではほとんど見かけなくなったが、その裏にはある優しい思いがあったようだ。

    「エドといえば芸人の前にマナー講師をしていた経歴が知られていますが、こうした過去からも分かるように、中身は真面目で勉強熱心。2015年には慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科に進学し、18年3月に修士号を取得し、現在も研究員として研究を続行しています。同年には『ネガポジ反転で人生が楽になる』との自己啓発本も出版しました」(芸能ライター)

    一方、ツイッターの更新は昨年いっぱいで止まっており、昨年元旦に開設したYouTubeチャンネルも、同年12月29日を最後に更新がストップしている。これらの理由に関しては、昨年の話になるものの、その近況が自身の口から語られている。

    「実は、修士に留まらず、博士課程へ進学するため勉強に励んでおり、そちらを優先するためSNSやYouTubeの更新を止めているようです。これは、昨年12月投稿の『エド・はるみの近況報告です。実は私いま…』という動画で語られました」(芸能ライター)


    対人関係や「生きづらさ」の研究で博士号取得を目指す

    エドは動画内で、勉強のために更新頻度が落ちていること、「対人関係の研究」をするため博士課程に進みたい旨を告白している。

    「研究目的に関しては、あらゆる人が持つ人間関係の悩みについて、よりよい関係を築いたり、生きづらさを解消するための方法論を研究すると語っていました。SNSの発達やコロナ禍で、メンタルケアや自殺が社会問題となる中、何とも現代人に寄り添った人間愛を感じる研究テーマです」(前出・ライター)

    多忙によりSNSの更新頻度は下がっているが、アメーバの公式ブログ『ネガポジ反転日記』は、今も毎日のように精力的に更新されている。その内容は、読書や勉強など研究に没頭する姿が多く、問題意識の高さが窺えるだろう。

    「このように、現在は研究員としての活動がメインとなっているエドですが、今も『吉本興業』に所属し、タレント活動を行なっています。ビジネス面でも『社員教育講師』をしていますし、〝三刀流〟で忙しくしているようです」(同・ライター)

    若者の自殺が深刻化する昨今、エドの研究はなんとも有意義なものと言えるだろう。順調に博士号を取得し、ゆくゆくはその知見を活かして有識者会議に加わってほしいものだ。


    (出典 Youtube)

    https://myjitsu.jp/archives/322794


    【エド・はるみが消えた理由wwwww→勉学に集中するためだった…】の続きを読む


    松井 珠理奈(まつい じゅりな、1997年〈平成9年〉3月8日 - )は、日本のアーティスト、タレントであり、女性アイドルグループ・SKE48チームSおよび派生ユニット・ラブ・クレッシェンドの元メンバーである。AKB48の元兼任メンバー。愛知県春日井市出身。アービング所属。
    79キロバイト (10,087 語) - 2021年12月22日 (水) 10:06


    盛り角度、画像補正でしょ( ;∀;)

    1 Team774(光) (6級) :2021/12/21(火) 15:23:57.16


    何かおかしいww

    イメチェンにも色々あるけどリフォームじゃなくてリファインであることを願う

    何か、この前まで工事中だから迂回して下さいって書いてあったな…

    イメチェンなの?加工なの?両方なの?

    須田亜香里かと思った!

    見ないと思ったらダウンタイム中だったのか、大胆に工事したね!誰か言われないとわからない。

    これ、いきなり見たら誰かわからないわ!

    いやw
    フルモデルチェンジしてるじゃないか笑

    松井珠理奈って書いてなかったら 誰がわからんぞ。顔変わり過ぎやろ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c223c4f8e48ce04db5f4ba30f9bfdc64fb1a3122


    (出典 www.j-cast.com)


    https://pbs.twimg.com/media/FHGXbwKVIAI5EnG?format=jpg&name=large


    【【画像】松井珠理奈の顔が安定してなくてわろたwwwwwww】の続きを読む


    西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年〈昭和45年〉9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、ラジオパーソナリティ、司会者、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。所属事務所はディーゼルコーポレーション(自営。業務提携パーフィットプロダクション)。血液型はA型。身長161cm。既婚。
    78キロバイト (9,659 語) - 2021年12月22日 (水) 07:18


    そこらへんの芸人より面白いですからね(*'ω'*)

    1 ネギうどん ★ :2021/12/20(月) 12:51:33.17

     歌手の西川貴教が、12月11日放送の「おかべろ」(カンテレ)にゲスト出演。芸人たちに嫌われていた過去を明かした。

     NON STYLE・石田明から「芸人さんと仲がいいイメージがある。実際はどうなんですか」と聞かれ、西川は「皆さんのイメージに、ダウンタウンのお2人(と仲がいい)というイメージが強いので…」と返答。ナインティナイン・岡村隆史は「当時のダウンタウンさんってホンマに怖かったし、あいさつ行こうと思っても『行ったらアカン』って言われるような人たち。そこへ(西川は) ズケズケ行くからすごいなと思って」と、遠巻きに様子を見ていたと明かした。

     さらに西川は「現場に入ったときに、(スタジオの)前室とかピリついた感じありました。 『お前ごときが』みたいな。(ダウンタウンは)大先輩やし、みんな憧れてはると思うので、『なんでお前が許されてて俺らが…』みたいなのがたぶんあったんやと思う」と、芸人からの嫉妬を感じていたと告白。

     岡村も、「今やから言うけど、たぶんみんなそうやと思う。『あいつ何やねん。なんでそんななれなれしく行けるんやろ』みたいな」と同意した。

     ダウンタウンの楽屋に長居することもあったという西川。岡村は「そんなんできる人いなかった。今田さんや東野さんとかでも同じ楽屋にいてはらへんぐらいやのに。西川くんがいてるっておかしくない? 正直、当時(西川が)嫌いやったもん」と暴露。

     西川が「僕がこんなにナイナイのこと気に入っているのに…」と言うと岡村は「ジェラシーやね」と説明した。

     今は若手芸人が増え、そうした雰囲気は消えたそうだが、昔のダウンタウンはそれだけ凄かったということだろう。西川の度胸も大したものだ。

    https://www.asagei.com/excerpt/197328


    【【悲報】西川貴教、名だたる芸人さん達に嫌われていた…】の続きを読む


    太田 (おおた ひかり、1965年〈昭和40年〉5月13日 - )は日本のお笑いタレント、司会者、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ・爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎
    101キロバイト (14,311 語) - 2021年12月12日 (日) 07:23


    本人は…( ;∀;)

    1 牛丼 ★ :2021/12/22(水) 21:30:42.89

    爆笑問題太田光、M-1で涙のナイツ塙に「感動してんじゃねえよ。あんなバカなネタで」優勝の錦鯉に「ここから落ちる可能性の方が高い  

    12月21日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、『M-1グランプリ2021』(朝日放送制作・テレビ朝日系)で優勝を果たした錦鯉の話題となった。

     >>太田光「僕はあれから眠れてない…」光代夫人に制止される場面も 夫婦で波乱の一年振り返る


    【太田光、錦鯉に毒を吐く…】の続きを読む

    このページのトップヘ