いかチャンネル

お笑い芸人さんについての記事をまとめています
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    2021年11月


    子供部屋おじさん(こどもべやおじさん)とは、実家の子供部屋で成人後も暮らす中年男性のことを指すインターネットスラングである。略してこどおじともいう。 2014年に2ちゃんねるで提唱された造語であり、2019年にネット上で流行した。同様の状態の女性を指す子供部屋おばさん(こどおば)という類語がある。
    8キロバイト (1,158 語) - 2021年2月14日 (日) 19:06



    (出典 agemeshi.com)


    ここまで言うのはすごい(*'ω'*)

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/02/26(金) 15:38:29.068 ID:95Ty/PyXa.net


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】こどおじの怒涛のLINE画像を晒すわwwwww】の続きを読む


    機関銃の駆動方式。 ガスト (ゲームブランド)(Gust) - ゲームメーカー。 ガスト - ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』に登場するモンスター。 ガスト(英:Ghast) - ゲーム『Minecraft』のネザーに生息し浮遊する敵で、爆発する火の玉をプレイヤーに対して放つ。 ガスト (レストラン)(Gusto)
    2キロバイト (239 語) - 2021年10月16日 (土) 07:31


    これは離しちゃイケない子(*'ω'*)

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/11/27(土) 11:43:38.034

    いいの!?!?嬉しい!!!だってよ
    ステーキ食った事ねーのかな…


    【【驚愕】彼女がステーキ食べたいって言うからガストでいい?(笑)って冗談で言ったらwwwwwwww】の続きを読む


    ドン・キホーテ (企業) 株式会社ドン・キホーテ(英: Don Quijote Co., Ltd.)は、関東地方を中心に、日本の主要都市や主要地方都市でドン・キホーテブランドなどの主に総合ディスカウントストア及び総合スーパー展開する企業。本社は東京都目黒区青葉台。略称はドンキ。店舗ロゴなどにおいてはドン
    54キロバイト (7,504 語) - 2021年11月26日 (金) 12:37


    これは怖すぎる( ;∀;)

    2 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/11/27(土) 12:18:12.187

    あー俺も昔は悪い事よくしてたわ


    【【悲報】ドンキ女子、カートで遊んでただけで警察に逮捕されてしまう...】の続きを読む


    木下 隆行(きのした たかゆき、1972年〈昭和47年〉1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、YouTuber。お笑いコンビ・TKOのボケ担当。相方は木本武宏。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。 菓子問屋の社長だった父と大分県中津市出身の母(定子)との間に生まれる
    19キロバイト (2,224 語) - 2021年11月23日 (火) 16:30


    どうみても嘘ついてますね( ;∀;)

    1 muffin ★ :2021/11/22(月) 15:44:37.79 ID:CAP_USER9.net

    https://npn.co.jp/article/detail/200017642

    お笑いコンビ・TKOの木下隆行が20日、YouTubeチャンネル『TKO木下のキノちゃんねる~天まで届け~』を更新。タレントのジーニー堤とネットニュースについてあれこれ語る中、ある疑惑を否定する一幕があった。

    「事の発端は、ある*嬢らしき人物のSNSでした。そこには木下を接客したと書かれており、隠れてスマホで撮影しようとしていたところ、『スマホしまっといてな』と言われたそう。さらにプレイが上手で、あそこのサイズまで……。腹に手術痕があったという具体的な描写まであったそうです」(芸能ライター)

    このSNSがTwitterやネット掲示板で拡散。木下もその投稿を見たという。しかし、木下は「(そもそも)*行かないんですよ」と否定。ジーニーも「*行くくらいなら、クラブでナンパしてましたもんね」と語る。腹の傷についてはテレビでも話しており、リアルさを出すために*嬢が書いたのだろうと予想した。

    木下が特に反応したのが、“下半身のサイズが大きかった”と書かれている件について。彼は「全然『*行く人』でも別にええねんけど、今回の件に関しては俺じゃないということをはっきり言う。これを見て“俺じゃないやん”って思ったのは……俺、*小っちゃいねん」と告白。ジーニーを笑わせた。

    「木下は、事実でないことを書かれること、万が一そういった接客に遭遇してもSNSで書かないでほしいと伝えていました。自分は*に行かないものの、*自体を否定しているわけではないとも話していましたね」(同上)
     
    何かと炎上する木下だが、今回の件は擁護する声が多く、Twitterやコメント欄では「暴露されたという被害者的立ち位置」「*嬢が*すぎることが悪い事件」「普通の人の基準で考えても仕方ない」とのコメントがある。相手の女性からの反論やコメントがないため、真偽のほどは定かではないが、木下もとんだとばっちりを受けた形となってしまったようだ。


    【風○嬢にSNSで「木下を接客」と暴露されるも否定する…】の続きを読む


    厚切りジェイソン(あつぎりじぇいそん、1986年4月9日 - )は、 アメリカ合衆国出身の在日IT企業役員、お笑いタレント。ワタナベエンターテインメント所属。本名はジェイソン・デイヴィッド・ダニエルソン(Jason David Danielson)。 胸板が厚い事および神奈川県厚木市在住である事から芸名を「厚切りジェイソン」とする。
    29キロバイト (3,810 語) - 2021年11月24日 (水) 15:35


    アメリカが潰れたら全世界終わりですしね( ;∀;)

    1 muffin ★ :2021/11/23(火) 16:28:46.15 ID:CAP_USER9.net

    https://hochi.news/articles/20211123-OHT1T51098.html

    米国出身のピン芸人でIT企業役員の“二刀流タレント”厚切りジェイソンが23日、大阪市北区のジュンク堂大阪本店で著書「ジェイソン流お金の増やし方」(ぴあ、税込み1430円)の出版記念サイン会&トークショーに出席。コメ相場発祥の地・堂島で、お金にうるさい大阪の一般投資家ら30人にジェイソン流を指南した。

     同著は「Why Japanese people!?」のギャグで知られるジェイソンが、15年の投資経験を元に、初めてお金にまつわるテーマに取り組んだもので、今月12日の発売から早くも重版が決定する話題の一冊に。投資=ギャンブルという意見に対して「多分、周りがあまりやっていないからというだけ。普通になればいいのにな、と思ったのが本を出した理由の一つ。危なくない、安定したやり方もある」と、資産の「分散」を推奨した。

     ジェイソン流は株式指数に連動する運用を目指す「インデックスファンド」の重視で「リーマンショックで個別銘柄は怖いなと思った」といい「株式市場を網羅する商品。(インデックスファンドに)全財産、バーンッ! とぶち込んでいます。オススメです。これから成長する会社も入っている。何も考えずにできるのが魅力的。至ってシンプル」と軽やかに話した。

     デイトレードとは違い「細かい時事ネタに基づいて動いているわけではないので、ストレスフリー」と利点も語り「長期でやるので、売るつもりはない。ずっと成長させていくつもり。リーマンショック、同時多発テロ、コロナショック…世界が終わりそうになってても、今までの実績を見ると、アメリカの株は戻ってくると自信を持てるようになった」と真剣な表情で力説した。

     それだけに暗号資産については「興味はあるけど、100年後に価値があると思えない」。中国株も「政府が急に規制を出す可能性も。よりピュアなアメリカの資本主義の方が信頼できる」とバッサリ切り捨てた。

     ファンから、円安で運用開始をためらう意見が出ると「全額投資はオススメしないが、今やらなければ完璧な状況を待ち続けることになる。『あの時やればよかった』という可能性も」と背中を後押しし「お金があると、ある程度の人生の選択ができます」とメッセージをおくった。


    (出典 hochi.news)


    【 厚切りジェイソン流”株式投資”とは】の続きを読む


    クリントイーストウッド・ジュニア(Clinton Eastwood Jr.、1930年5月31日 - )は、アメリカの俳優、映画監督、映画プロデューサー、政治活動家。 俳優として数多くの西部劇やアクション映画に出演。自身最大の当たり役であるハリー・キャラハン役を演じた『ダーティハリー』シリーズでス
    151キロバイト (16,123 語) - 2021年11月10日 (水) 09:33


    偉大な人だな(*'ω'*)

    【【画像】クリント・イーストウッド(91)】の続きを読む

    このページのトップヘ