いかチャンネル

世の中の可愛い記事をまとめております。
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)

    2020年10月


    デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno、1940年(昭和15年)2月6日 - )は、日本生まれでインドネシア国籍のタレント、YouTuber。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。NPO法人アースエイドソサエティ総裁。株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna
    36キロバイト (4,621 語) - 2020年10月28日 (水) 01:34



    (出典 www.j-cast.com)


    すぐに発言を取り消せばよかったのに( ;∀;)

    1 幻の右 ★ :2020/10/28(水) 16:07:50.06

    デヴィ夫人ことタレントのデヴィ・スカルノ氏が28日、自身のブログを更新。生放送のテレビ番組で「不妊の一番の理由は堕胎」などの発言で物議を醸している件について、説明するとともに謝罪した。

     デヴィ夫人は「去る10月24日に放送された関西テレビ『胸いっぱいサミット』における私の発言によって、不妊治療に当たっている方々、中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷づけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり大変申し訳なく思っております」と謝罪。

     「私は カソリック教徒だったため(※)、中絶によってその方自身、または周りの方々が生涯取り返しのつかない後悔に陥ってほしくないという強い思いからの発言でした」と説明しつつも「言葉と表現が足りず、一方的な発言が先行した結果、こうした事態を招いたこととなり、深く反省しております」と記した。

     続けて「そして私の思慮に欠ける言動のため、関西テレビおよび番組制作、関係各位の方々に多大なるご迷惑をおかけ致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます」と重ねて謝罪し「また、直近の仕事関係の皆さま、これまで出演していた番組等に携わっていた皆様、応援して下さっているファンの皆様、全ての方々へ深謝申し上げます。今後は皆さまからの思いもよらぬほど多くのご批判、ご進言を真摯に受け止めてまいります」とした。

     最後は「改めまして、この度の私の発言により、多方面の方々に多大なるご迷惑ご心配を及ぼす結果となりましたこと、心より深くお詫び申し上げます。デヴィ・スカルノ」と結んだ。

    ※「デヴィ・スカルノ自伝」1978年発行 文藝春秋刊

    ORICON NEWS
    10/28(水) 15:31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c3dfd8c5c851330cefad13254583e907240fb411

    ブログ
    https://ameblo.jp/dewisukarno/entry-12634417385.html


    【デヴィ夫人が不適切発言で炎上…やっと謝罪を公言する】の続きを読む


    授業が知られている。 印刷教材などによる授業 印刷教材のほか、これに準ずる教材を送付もしくは指定し、主としてこの教材により学修させる授業のことである。通信教育の課程においては、「面接授業」や「メディアを利用して行う授業」と並んで一般的な授業形態である。 学校教育 教科 科目 教師 授業参観 一斉授業
    4キロバイト (584 語) - 2020年10月22日 (木) 14:03



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    これはいいですね(*'ω'*)

    1 風吹けば名無し :2020/10/28(水) 16:07:23.35 ID:qvmJFIMKd.net


    (出典 i.imgur.com)


    【【画像】最高の授業風景】の続きを読む


    ラブホテルとは、主にカップルの性行為に適した設備を持つ部屋を、短時間(休憩)もしくは宿泊で利用できる施設。略して「ラブホ」とも呼ぶ。 「ラブホテル」の別称として、ファッションホテル、カップルズホテル、ハッピーホテル、アミューズメントホテル、レジャーホテル、モーテル、ブティックホテル
    48キロバイト (6,720 語) - 2020年10月15日 (木) 23:56



    (出典 couples.jp)


    こういうところで遊んでみたい(*´з`)

    【【画像】これでもラブホなんだぜ…信じられるか…?】の続きを読む


    韓国が財団、日本から10億円、朝日新聞、2015年12月29日、2016年1月7日閲覧 ^ 安倍首相「謝罪し続ける宿命を背負わせるわけにはいかない」、産経新聞、2016年1月7日、2016年1月7日閲覧 ^ a b “安倍元首相首相は靖国参拝すべきだ」”. 産経新聞. (2009年5月11日).
    341キロバイト (49,692 語) - 2020年10月21日 (水) 05:26



    (出典 news.nifty.com)


    長い間お疲れさまでした(#^^#)

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/10/26(月) 17:25:34.625

    いい笑顔だな


    (出典 i.imgur.com)


    【【画像】安倍元首相の幸せそうな顔wwwwwwwww】の続きを読む


    渡辺美優紀 (カテゴリ ワーナーミュージック・ジャパンのアーティスト)
    )は、日本のアイドル、歌手、ファッションモデル。女性アイドルグループNMB48およびAKB48、SKE48の元メンバーである。奈良県出身。愛称は、みるきー。所属事務所はroundcell、所属レーベルはワーナーミュージック・ジャパン子会社CENTRO内のetichetta(エチケッタ)。 2010年
    48キロバイト (5,946 語) - 2020年7月22日 (水) 07:30



    (出典 pbs.twimg.com)


    いろいろな意味でこえてますね(*'ω'*)

    1 47の素敵な :2020/10/26(月) 20:27:58.30 .net



    (出典 i.imgur.com)


    (左)8期の北川愛乃c(中)9期の山内鈴蘭c(右)8期の仲村和泉c


    本家

    (出典 i.imgur.com)


    (左)吉田朱里c(中)渡辺美優紀c(右)上西恵c


    【【画像】SKE48、新ジッパーが初代を超えたと俺の中で話題に】の続きを読む


    里依紗(なか りいさ、1989年10月18日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 長崎県東彼杵郡東彼杵町出身。アミューズ所属。夫は俳優・中尾明慶。1児の母。結婚前の本名は芸名と同じ。 長崎県でアメカジセレクトショップを経営する両親のもと、三姉妹の長女として生まれる。東彼杵町立彼杵小学校
    49キロバイト (5,824 語) - 2020年10月17日 (土) 04:51



    (出典 www.amuse.co.jp)


    サバサバしてますね(*'ω'*)

    1 プーアル ★ :2020/10/26(月) 17:29:11.83

    女優の仲里依紗さんが10月24日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、「女性が家事をこなして当たり前」とする社会の風潮を「マジで時代遅れ」だと一蹴しています。

     仲さんはこの日の動画で、就寝前の時間を使ってフリートークを展開する中、ネット上で目にした心ないコメントに言及。以前に配信した動画で、夫で俳優の中尾明慶さんや7歳息子への料理に込めた愛情を明かしつつ、「なんか男ども、もうちょっと感謝しろって感じなんだよね」「『当たり前って思うなよ』ってめっちゃ思う」と、2人に対する怒りを吐露したところ、男性らしき人物から「旦那のおかげで飯食えてんだから、『感謝しろ!』じゃねーし」という反応があったとのこと。

     仲さんは「それはあなたの発想」「私はYouTubeで、そこまで全て話していないわよ、あなたに」と、少し厳しめの口調で相手の発言に反論。“男子が働いて、女子が家の中のことをやって当たり前”という発想の人が日本や世界にまだ多数いるということに「悲しくなったよね」とコメントし、男女平等な社会が望ましいと断言。わが子に対しても「男の子だから○○」「女の子だから○○」といった発言は決してしないと明かし、「『女は三歩下がって歩け!』みたいなヤツあるじゃん? そういうのってマジで時代遅れだと思うわけ」と、社会の中に残っている男尊女卑の風潮を切って捨てています。

     仲さんは続けて、室内にたまったペットボトルを捨ててきた中尾さんが、「ねぇ、ペットボトルきれいになったと思わない?」とわざわざ告げてきたという最近のエピソードを紹介。自分がもしごみ捨てした場合に「ごみ出ししたよ、どう? あたしやるでしょ?」といったアピールをすることはないだろうと指摘し、2人のうち気付いた方が家のことをやるようになっているにもかかわらず、夫の一言多い様子に対して、「すごく『(家事を)やったんだけど?』みたいな感じで伝える必要ありますか?」と少し強めの口調で訴えています。

    https://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_nlab_20201026110/


    【仲里依紗、男尊女卑の風潮ぶった切るwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ