いかチャンネル

世の中の可愛い記事をまとめております。
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)


    ローラ(1990年3月30日 - )は、アメリカ合衆国・ロサンゼルスを拠点に活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。父はバングラデシュ人。母は日本人の血を4分の3、ロシア人の血を4分の1受け継ぐ、いわゆるクォーター。国籍は未詳。身長165cm。東京都多摩市出身。LIBERA所属。双子
    64キロバイト (7,315 語) - 2019年12月18日 (水) 02:50



    (出典 hiramine.xyz)


    最近みなくなったな(-"-)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/23(月) 04:14:18.65 ID:jFVE3as89.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    ローラが17日、自身のインスタグラムで更新した写真が話題となっている。

    ローラはこの日の投稿で「Christmas date with Aki... あきちゃんまだまだ人間が怖いみたい。はやくなれないかな。
    でもさいきん、おすわり!覚えて、しっぽもちょっとフリフリしてきた!」などとつづり、愛犬と共に写る写真を公開した。

    特にファンから注目を集めたのは、愛犬に顔を近づけ頬を膨らましているローラがうつっている微笑ましい写真だった。
    この写真のローラは脚が長いと話題で、ファンからは「わんちゃんも、ローラちゃんも、脚ながーい」「脚が長すぎる!」「ロラちゃん足長いね!」などの絶賛コメントが寄せられている。

    多くのファンはすらっと伸びるローラの長い脚に魅了されたようだった。

    http://dailynewsonline.jp/article/2127343/
    2019.12.23 00:00 デイリーニュースオンライン


    【さすがローラ!愛犬との2ショットのはずが別のところで注目を集める!!】の続きを読む


    ソンからの依頼を引き受ける形で担当し、残りのシーンの楽曲はシリーズの過去作品から流用された 。 モリンは『PART8』の音楽も手掛けたが、ロバート・プラント風のオープニングテーマはスティーブ・マイザーによるものである 。 ハリー・マンフレディーニは『ジェイソンの命日』と『ジェイソンX』の音楽を手掛けた
    98キロバイト (11,830 語) - 2019年12月14日 (土) 03:48



    (出典 upload.wikimedia.org)


    ジェイソンしかわからなかった((+_+))

    12 無名画座@リバイバル上映中 :2018/07/22(日) 01:24:21.20 ID:1qZA4bAFh

    「ゴースト血のシャワー」のブルーレイ特典映像にVHS/DVDには
    収録されなかった残虐シーンってラスト船長が歯車に巻き込まれて
    腕をもってかれ、最後に船長の生首がピストンの上に乗って上下している
    シーンなのでしょうか?ブルーレイ買われた方是非とも教えてください。


    【 懐かしの恐怖映画を語っていく】の続きを読む


    “田中圭「おっさんず」再び作れる幸福感/一問一答1”. 日刊スポーツ (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。 ^ “「おっさんずラブ」映画化!キャスト続投、田中圭は「アクションラブにしたい」”. 映画ナタリー (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。 ^ “映画「おっさんずラブ
    72キロバイト (9,493 語) - 2019年12月23日 (月) 13:10



    (出典 img.cinematoday.jp)


    最終回で期待した分もありますしね((+_+))

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/23(月) 18:36:49.62 ID:AEpZr1TM9.net

    ドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)の最終回が21日に放送され、平均視聴率が5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが各社で報じられている。前回の第7話の4.3%からは0.8ポイントのアップ。全話平均視聴率は4.6%となった。

    最終回は、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)から唐突にパイロット引退を宣言され、春田(田中圭)は、自分でも驚くほどに激しく動揺するというストーリー。一方、社員寮を出て行った整備士・四宮(戸次重幸)は黒澤家に居候し、“愛の境地”を学ぶべく、魁黒澤塾に弟子入ったという。そんな中、黒澤は春田らを土手に呼び出し、『黒澤杯相撲大会』の開催を告げ――という展開となっていた。

    18年に放送された『おっさんずラブ』(同)は、深夜帯ドラマながら社会現象となるほどの人気となり、映画化もされたものの、『in the sky』はストーリーの続編ではなく、パラレルワールド設定で、世界観が別物に。キャストも一新されたが――。

    「そもそも、前作で人気を博した牧凌太演じる林遣都の出演がないことに多くの作品ファンが不満を露わにしていましたが、視聴者は次第に春田と接近するツンデレ男子・成瀬(千葉雄大)に夢中に。最終回では春田と成瀬が結ばれるものだと多くの視聴者が思っていましたが、蓋を開けてみると、春田は武蔵と結ばれ、成瀬は四宮と結ばれるという展開に。視聴者は成瀬推し、武蔵推しなど、ストーリーの中でそれぞれの“推し”を作って、誰が春田とくっつくのか楽しみに見ていましたが、これまで春田はパイロットとしての武蔵を尊敬はしても、恋愛的に惹かれている描写はなかったため、『前作と別のラストにしたかったんだろうけど、無理矢理すぎて納得できない』『意味が分からない…』といった困惑や批判の声が殺到

    成瀬推しからは激怒が聞かれていますが、武蔵推しの視聴者からも『心変わりが急で雑すぎる』『せめてもう少し納得できる描写が欲しかった』『武蔵派だけどこんなに強引なくっつけ方は全然うれしくない』という声が聞かれていました」(ドラマライター)

    制作側には「炎上商法だとしても失敗してる」「視聴者が驚くラストより納得するラストの方が盛り上がって話題にもなるのに」という厳しい声も聞かれているが、一方で演じた俳優たちには「まさか本人たちもこんなことになると思わなかっただろうね」「田中圭も千葉雄大も、お互いくっつくと思って親密な演技してたのに、それを公式にぶち壊されるとは…」「これ中の人(俳優)も納得しないまま演じてるだろ」「無茶苦茶な展開で演じてる俳優がかわいそう」と同情の声も集まっている。

    前作終了時には、映画化や続編を望む声が多く見られたものの、今回は極端に少なく、視聴者の期待を裏切ったのは確かな様子。放送から二夜明けた現在もまだ、視聴者からは多くの怒りの声が聞かれていた。

    http://dailynewsonline.jp/article/2128231/
    2019.12.23 16:00 リアルライブ


    【【ドラマ】最終回が酷すぎる「おっさんずラブ」演じる俳優がかわいそう…との声も】の続きを読む


    ニューヨークは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。 嶋佐 和也(しまさ かずや、 (1986-05-14) 1986年5月14日(33歳) - )ボケ担当。立ち位置は向かって左。 山梨県富士吉田市出身。山梨県立吉田高等学校、神奈川大学卒業。 身長:168cm、体重:58kg、血液型:O型
    24キロバイト (3,205 語) - 2019年12月23日 (月) 09:26



    (出典 nobiciro.com)


    わざとだとしても笑えない時点で芸人じゃない…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/23(月) 16:57:14.44 ID:AEpZr1TM9.net

    12月22日に放送された『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で、出場した芸人が審査員の松本人志に悪態をついたとして話題になっている。

    視聴者の間で話題になったのは、この日トップバッターとして登場したコンビ『ニューヨーク』。ボケの嶋佐和也が「ラブソングができた」と切り出して歌い、屋敷裕政がツッコミを入れる構成。ネタ終了後、屋敷は「今までの漫才で一番楽しくできた」、嶋佐は「いい意味で緊張が抜けた感じ」とほっとした表情を見せた。

    結果、合計点数は616点。10組中最下位とはなったが、初の決勝でトップバッターの大役を務め上げた。

    立川志らく(90点)が「言ってることは現代の話。だがテクニックは昔の漫才を引き継いでいる。気持ち良く聞けた」、オール巨人(87点)は「歌の中でたくさんの笑いを取るのは難しい」とコメントすると、2人もおじぎしながら反応していた。

    「あんまり好きじゃない」の評価に「最悪や!」
    一方、82点をつけた松本人志は辛口評価。「僕の好みなんでしょうけど、最近ツッコミの人って、けっこう笑いながら楽しんでる感じが(して)…あんまり好きじゃないんですよ」と指摘した。

    すると屋敷は「最悪や!マジで最悪や!もう俺無理ですわ」と嘆き、スタジオから去るそぶりを何度も見せた。松本は「ごめんごめん」と謝りつつ、「(ツッコミは)怒ってるのが好き。緊張感を出してほしかった」と評価したものの屋敷は終始不満げで、腰に手を当てて落胆した表情。今田は「音、入ってるし!」「がっつり映ってるし!」とテレビの前では態度を改めるよう訴えていたが、屋敷は終始うなだれていた。

    「2本目はブチ切れながらやる」と宣言していた屋敷だったが、結局、最終決戦進出はならず。視聴者からは「屋敷がブチ切れている」との指摘が相次いだ。

    《ニューヨークの態度悪過ぎて好感持てない》
    《思いっきりフテ腐れたのがムカついた》
    《気持ちは分かるけど話はちゃんと最後まで聞いた方が良かった》
    《ニューヨークは素人相手にも空気読めないが松本今田相手にも空気読めないとは》
    《1組目の子が松本さんに変な絡み方をしてめっちゃ気分を害しました》

    念願の決勝進出だったが、ニューヨークの2人にとっては苦い思い出が残ったことだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/2127982/
    2019.12.23 11:03 まいじつ

    前スレ 2019/12/23(月) 12:15
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577070937/


    【【M-1】態度が悪すぎる若手に松本人志もブチギレ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ