いかチャンネル

世の中の可愛い記事をまとめております。
新しい世界の扉へいざないます(*´ω`)


    江頭 2:50(えがしら にじごじゅっぷん、本名:江頭 秀晴(えがしら ひではる)、1965年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber。芸能事務所大川興業の所属にして同社の筆頭株主であり、かつ同社の前総裁でもある(現総裁は大川豊)。愛称はエガちゃん、エガ。
    63キロバイト (8,838 語) - 2020年2月4日 (火) 04:00



    (出典 www.popeyebistro.com)


    続々とユーチューバーが増えますね(*'▽')

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/04(火) 19:43:35

    お笑いタレント・江頭2:50が2月1日にYouTubeチャンネルを開設した。これまで数々の伝説を残し、地上波では放送できないような芸を持つ江頭が?世界的な知名度?を獲得するために開設したという。
    動画内で江頭は「YouTubeなら無料だし、世界中どんな国でも見ることができるからオレの笑いを世界中に届けてみせる」と意気込んでいる。

    しかも公約として、1年でチャンネル登録者が100万人を突破したら「永遠のライバルであり、マブダチ」と公言している『新しい地図』の草?剛をゲストとして呼ぶと断言。
    失敗したときには、体毛をブラジリアンワックスで脱毛するという。江頭は、「俺はやりたいことを全部やる。面白いこと全部やってやる。
    99人に嫌われても1人が笑ってくれたらそれで勝ち! 死にたいと思っているやつがいればこのチャンネルをチェックしろ! 
    死ぬのがバカバカしくて死にたくなくなるから。伝説残すぜ! 炎上上等だぜ!」と吠えていた。



    「エガちゃんだけは応援する!!!」
    江頭のチャンネル開設にネット上は大興奮。動画のコメント欄は、

    《YouTube運営の方へ 頼む!エガちゃんだけは大目に見てやって》
    《死にたくなったら…エガちゃんがこれを言ってるときの瞳に本気を感じる! やっぱりエガちゃんすごいよ! あなたに救われる人はこれからもいっぱいいます! 自分もそうです! 応援してます!》
    《芸能人が次々とYouTubeを始めている中、エガちゃんは応援したいなって思ってしまいました 伝説残してください!!!!!応援してます》
    《あらゆる芸能人がYouTubeにのうのうとやってくるのは見てて胸クソ悪いが、エガちゃんだけは早くYouTubeに降りてきてほしかった。だって地上波向きじゃないもん!!!笑》

    など、好意的なコメントばかりで埋め尽くされたまた、ネットメディアでこのニュースが報じられると、匿名掲示板でも、

    《見たーーーい!! 宮迫より断然えがちゃん!》
    《絶対チャンネル登録する》
    《これは!やべえの爆誕してしまったwww登録してみる》
    《エガちゃん好きだわぁ。YouTube界を変えていってほしい!》
    《地上波もういらねーわww》
    《YouTube初めてチャンネル登録することに》

    などと、大きな期待の声が集まった。

    その声を裏付けるかのように、2月3日現在、チャンネル登録者数は早くも30万人を突破。動画再生数も約146万と大人気だ。

    本人が言うように、あっという間に?伝説?を残すことになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2180536/
    2020.02.04 17:31 まいじつ


    HOTEI - スリル


    【「地上波もういらねーわww」江頭2:50のYouTubeチャンネルが人気爆発www】の続きを読む


    みちよ(あずさ みちよ、1943年6月4日 - 2020年1月29日)は、日本の歌手、女優。本名、林 美千代(はやし みちよ)。血液型はO型。株式会社アラベスク所属で株式会社プロダクション尾木と業務提携。 福岡県福岡市博多区出身。福岡女学院中学校・高等学校2年中退。宝塚音楽学校中退。1960年代
    24キロバイト (3,072 語) - 2020年2月3日 (月) 16:04



    (出典 www.gakuendo.net)


    こういうニュースは悲しくなりますね( ;∀;)

    1 :2020/02/03(月) 18:49:01.58


     「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」などの大ヒットで知られる歌手の梓みちよ(あずさ・みちよ、本名林美千代=はやし・みちよ)さんが亡くなったことが3日、分かった。76歳。福岡県出身。

     「ボサノバ娘」のキャッチフレーズで1962年、シングル「ボッサ・ノバでキッス」でデビューした。
     翌63年、NHK「夢であいましょう」の今月の歌コーナーで発表された「こんにちは…」(作詞永六輔、作曲中村八大)がミリオンセールスを記録し、
    同年の日本レコード大賞を受賞。NHK紅白歌合戦にも初出場し、69年まで7年連続で出場した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000234-spnannex-ent


    【【訃報】「こんにちは赤ちゃん」などで知られる、梓みちよさん76歳でこの世を去る…】の続きを読む


    岡田 結実(おかだ ゆい、2000年4月15日 - )は、日本のファッションモデル、タレント。女優。 大阪府大阪市出身。オスカープロモーション所属。身長160cm、血液型B型。 父はお笑いタレントの岡田圭右(ますだおかだ)、母は元お笑いタレントの岡田祐佳(旧姓・上嶋)、兄は元子役で俳優の岡田隆之介。
    23キロバイト (2,713 語) - 2020年1月24日 (金) 01:03



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    まぁ天狗になっちゃいますよね_:(´ཀ`」 ∠):

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/02(日) 08:44:11

    お笑いコンビ『ますだおかだ』岡田圭右の娘としても知られるタレント・岡田結実が、所属する『オスカープロモーション』を今春で退所すると報じられた。

    報じたのは1月28日発売の『週刊女性』。同誌の取材に対し、オスカー側は「そういった事実はございません」と報道を否定しているが、退所には十分な理由があるという。

    「結実は父親譲りの明るいキャラクターが受け、単発でのパネラー出演を中心に『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)のMCなどバラエティーで大活躍。
    テレビ局からのオファーもひっきりなしですが、結実自身はバラエティータレントではなく、事務所の先輩・米倉涼子のような女優になりたいそうです。事務所にも、もともとは演技志望で入ってきたそうですよ」(芸能ライター)

    ?事務所の力?で主演できていたにすぎず…
    一方、この報道に対し、厳しい意見も上がっている。

    「ドラマ4本、映画1本と実績豊富な結実ですが、ドラマはすべてテレビ朝日系列の作品。
    そして、そのテレ朝は、オスカーのタレントしか出演しない番組『オスカル!はなきんリサーチ』を放送するなど、オスカーと結び付きが非常に強い。
    つまり結実は?事務所の力?で主演できているにすぎないのです。
    また、結実がこれだけメディアに引っ張りだこなのも、?若くて明るくお笑いもできるのに見た目がいい?という要素や父親のネームバリューがあるから。
    バラエティーとしては事務所が変わっても重宝されるでしょうが、女優としてはオスカーの力なしでは到底やっていけません」(芸能プロ関係者)

    ネット上にも、

    《いや、バラドルだから需要があるんで… 女優はちょっと無理じゃね》
    《女優一本は厳しくないか》
    《残念だが才能はない》
    《岡田のネームバリューだけしかないんだから無理だぞ》
    《女優やりたいならオスカーにいた方がいいんじゃないのか》
    《はい勘違い始まった》

    などと厳しい声が。

    4月には20歳を迎える結実だが、成人後の芸能活動は厳しい道のりになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2177487/
    2020.02.02 07:31 まいじつ


    【「勘違い始まったな」バラエティアイドル、岡田結実の“高望み”が酷すぎるwww】の続きを読む


    増田 貴久(ますだ たかひさ、1986年7月4日 - )は、日本のタレント、歌手、俳優であり、男性アイドルグループ・NEWSおよびテゴマスのメンバーである。愛称は「まっすー」。東京都練馬区出身。 母親・姉・姉の友達が履歴書を送り、1998年11月8日、オーディションを受けて小学6年生の時にジャニーズ
    25キロバイト (2,793 語) - 2020年2月2日 (日) 06:38



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    そこがまた増田さんのいいところなのでは((+_+))

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/03(月) 11:49:12

    今年から『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の看板企画「グルメチキンレース ゴチになります!」新レギュラーを務めている『NEWS』の増田貴久。しかし、就任1カ月とはいえ、その活躍はイマイチの状態が続いている。

    「増田は何を食べても、コメントの9割が『おいしい』か『うまい』。ファンのみならず自身でも自虐するほど食リポがヘタで、テレビではどれだけ不得意かを検証するロケも行われたほどです。加えてキャラは真面目で前に出るタイプではないので、『ゴチ』就任発表時、ファンの間では『レギュラーが務まるのか』と心配の声が続出。まだ1カ月しかたっていないので判断するには時期尚早ですが、今のところ、その心配は的中している状況にありますね」(ジャニーズライター)

    一方、前任者だった後輩『Sexy Zone』中島健人は、キザなキャラやグループ名にかけた一発ギャグのようなフレーズが出演者に大ウケ。『ナインティナイン』はじめレギュラー陣が「セクシー」を使うことも多く、絡み役としても、岡村隆史と『千鳥』ノブに匹敵する有能な盛り上げ要員だった。

    ミニコーナーで中島が番組復帰?
    その爪痕はクビ後も残っており、2018年からレギュラー出演している田中圭は毎週、中島の名前を口に。「セクシーサンキュー」「セクシーストップ」といった中島の持ちネタを使用する他、最新1月30日の放送回では、ハイテンションを競うゲームコーナーにて「『セクシーサンキューゲーム』ってあったじゃん!」と、中島がレギュラーの時代に存在していたゲームと比べるツッコミを入れていた。

    SNSを見ると、いまだに中島を気に入っている素振りを隠さない田中に対し、中島のファンは毎週大喜び。一方、交代となった増田のファンからすれば面白くないようで、

    《まっすーの立場は…》
    《ゴチで卒業した健人の話出すのやめなよと思ってしまう》
    《ケンティーいないのにあまりに話題に出すと、まっすーの立場は…?ってなりそう》
    《暗に前の方が良かったって言ってるみたい》
    《みんなけんてぃーのことが大好き過ぎてまっすーに冷たいの悲しい いじりに愛がなさ過ぎた》

    などという声も上がっている。「増田は無個性で面白味がなく、バラエティー要員としては中島の足元にも及ばない。レギュラー陣がいまだに中島をイジるのはその証拠で、番組スタッフも増田の無能さに頭を抱えているようです。そこで浮上しているのが、中島をゲームコーナーのレギュラーとして?番組復帰?させるテコ入れ案。過去にも、矢部がかぶり物をして少しだけ出演したり、岡村が『オカチャンマン』、出川哲朗が『デガチャンマン』という覆面キャラでゲームコーナーのレギュラーになったりと、クビになったメンバーがミニコーナーで復帰している前例がありますから、中島もこの形に沿って数分だけ出演するレギュラーになるのでしょう」(テレビ雑誌記者)

    一刻も早く?バラエティー力?を身に付けなければ、増田はさらに見せ場が減ってしまうかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2178784/
    2020.02.03 10:32 まいじつ


    【『ゴチ』に中島健人が復帰!? NEWS増田のポンコツ具合が浮き彫りになる】の続きを読む

    このページのトップヘ