いかチャンネル

主に女性アイドル、女性芸能人のニュースをまとめています。
世間の美女をみなさんにお届けします。


    藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年2月20日 - )は日本のファッションモデル、タレント、YouTuber。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。元EMMARY初代編集長。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
    22キロバイト (2,389 語) - 2020年3月14日 (土) 10:37



    (出典 www.vivi.tv)


    きれいはきれい(*´ω`)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/31(火) 18:59:44.48 ID:V0Fi+lId9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    モデルでタレントの藤田ニコル(22)が27日、自身のインスタグラムを更新。投稿内容に反響が集まっている。

    藤田といえば先日、1st写真集『好きになるよ?』(講談社)の3度目の重版決定を記念し、自慢のヒップがあらわになった未収録カットを披露。ファンからは「すごく綺麗ですね」と絶賛コメントが寄せられた一方で、一部ネット上では「最近脱いでばっかりだね」という声も上がった。

    そんな藤田はこの日、「写真集初公開ショットムービー お家にいる事が増えちゃうけど私の写真集是非持ってる方はまた見直してみては?まだゲットできてない人もネットで買ってみてね」とつづり、大自然の中でお尻を突き出したようなセクシーポーズを取っている動画を公開。さらに、お尻が丸見えになっていることから「パンツを履いていないのでは?」と話題に。

    この投稿に対し、インスタグラム上には「いいね200回くらい押したい」「ずっと見とられるエロさ 可愛い」などのコメントが寄せられたが、その一方で「にこちゃんさすがに出しすぎだよぉ」「私はちょっと悲しい」「グラビアみたいなことはやらないで欲しい」という声も上がっている。

    これまでファッションモデルやタレントとして活躍し、同世代の女性から支持を集めてきた藤田。昨今のあまりの露出具合に困惑しているファンも多いようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2266989/
    2020.03.31 18:45 デイリーニュースオンライン


    【【画像あり】藤田ニコル、ケツ丸出しショットにネットで賛否両論】の続きを読む


    こぶし)に象徴される「力強さ」を兼ね備えたグループになってほしい」とされている。 野村 みな美(のむら みなみ、2000年2月10日 - )は、日本の元アイドル、元歌手で、ハロー!プロジェクトに所属していたグループ『こぶしファクトリー』の全活動期(2015年 -
    147キロバイト (16,007 語) - 2020年3月31日 (火) 08:33



    (出典 news.walkerplus.com)


    時期をずらすことは無理だったのかな_(:3 」∠)_

    1 47の素敵な(図書館の中の街) (5段) :2020/03/31(火) 08:46:17 ID:mPewwbIv0.net

    こぶしファクトリー、無観客のTDCホールでラストライブ「こぶしは永久に不滅です!」

    新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて無観客での実施となった本公演。ファンはCSテレ朝チャンネル1による生中継や全国で行われたライブビューイングにより映像でグループの最後を見守った。ライブのオープニングを飾ったのはパワフルなロックチューン「Yes!We are family~こぶし ver.~」。紗幕の向こうから力強く拳を突き上げた広瀬彩海、野村みな美、浜浦彩乃、和田桜子、井上玲音の5人は「念には念(念入りVer.)」で会場の熱を上げると、現体制初のシングル曲「これからだ!」を披露した。

    リーダーの広瀬はMCで「無観客ライブになってしまったことがすごく残念ですし、皆さんに会いたい気持ちでいっぱいなんですが、全国にこぶし魂を見せつけてやりたいと思います! 皆さん一緒に伝説を作りましょう」と呼びかけ、会場の第一印象を「“日本武道館じゃん”と思った」と語った浜浦は「自分の脳内でみんなを映し出さないと」と心構えをコメントした。

    MC開けに5人は最初で最後の挑戦となるアカペラメドレーを披露。井上のボイスパーカッションに合わせて、ほかの4人がボーカルとコーラスを重ね合わせるメドレーはノンストップで7分近くに及んだ。ライブ中盤にはハッシュタグ「#こぶし330」「#こぶし伝説」を用いてSNSで視聴者のコメントを拾いながらトークする場面も。ライブ中にはハッシュタグがTwitterでトレンド1位となり、メンバーも喜びの声を上げていた。

    その後、「青春の花」では思い出の映像をバックに5人が歩んできた道のりを歌い、メンバーがラーメン屋へと入っていく映像からはデビューシングル曲「ラーメン大好き小泉さんの唄」に突入。ライブ後半では持ち曲の中でもコミカルな楽曲を詰め込んだメドレーを披露し、ファンへエールを送るような7曲を畳みかけた。さらに野村が「ラストスパートです。燃え尽きますよー!」と煽りを入れると5人は「亀になれ!」でエネルギッシュなパフォーマンスを見せつけ、ラストシングル曲「スタートライン」でライブ本編を締めくくった。

    アンコールでは5人が白いドレスに身を包んでステージへと登場。タオルを掲げながら「明日の私は今日より綺麗」を歌い上げると、1人ひとりが感謝の言葉を述べた。ハロー!プロジェクトに残ることを決めた井上は「こぶしをいつ再結成してもいいように私が居場所を作りたいと思ってます。今日が新たなスタートラインなんで、まだまだ私の成長は止まらないよって宣言します。これからも5人をよろしくお願いします」とコメント。芸能界を引退する和田は「皆にとっても感謝しています。グループとしては雨降って地固まれて、(磨いた泥団子のように)ピカピカ感を出せました。これからは“一般人(こぶしファクトリー)”として生きていきます。ありがとうございました」と伝えた。

    女優 / モデルとしてソロで活動していく浜浦は「こぶしのライブが一番好きでした。本当に楽しくて、ライブに対しての思いがひとつなんです。こぶし組(※こぶしファクトリーファンの呼称)の皆さんの思いが伝わってたからかな。これから、いろんなことに挑戦して新たな自分の可能性をつなげていきたいと思います」と語り、海外留学を決めた野村は「開演前に強気な言葉を言い聞かせるこぶしが好きでした。私は1人でもやるぞ!という人間ですが、みんながそう言ってくれることで無敵になった気がしました。これまでマイペースすぎる私を支えてくださったみなさん、ありがとうございました」と手紙を読み上げた。

    事務所を離れ、しばらくフリーになることを決めている広瀬はマイクを握って泣きながら「寂しくて寂しくて仕方ないです。でも、いつか皆に会えるようにがんばらなきゃいけないと思っています。これからは前を向いて、こぶしファクトリーらしく歩いていきます。5年間本当に幸せでした。幸せな時間をどうもありがとうございました」と感謝の思いを伝えた。そして5人はグループにとって象徴的なナンバーである「辛夷の花」を披露。最後は全員で円陣を組み、こぶしファクトリーらしく“笑って、歌って、踊って、跳んで、元気になれる”前向きなナンバーとして「シャララ!やれるはずさ」を歌い上げると、高らかに「こぶしは永久に不滅です!」と声を上げてステージを降りた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000001-natalien-musi


    (出典 i.ytimg.com)


    【【悲報】こぶしファクトリー、無観客での解散ライブ】の続きを読む


    中国でも古くから握手はおこなわれた。『後漢書』には「以為既至當握手歡如平生」とあり、また、韓退之の『柳子厚墓誌銘』には、「握手出肺肝相示」とある。相思相愛の男女が相するのを「肩を抱いて手を握る」とか「手を握って腰を抱く」とかいう。 現在では握手
    12キロバイト (1,612 語) - 2020年3月15日 (日) 02:15



    (出典 jyurinandesu.net)


    今年いっぱい流行りそうですしね(@_@)

    1 47の素敵な(東京都) (4級) :2020/03/31(火) 08:34:24 .net

    切実にどうすんだこれ


    【【現実】新型コロナの影響でこれからアイドルたちはどうやって生きていくの?】の続きを読む


    ハロー!プロジェクト > モーニング娘。 > 野中美希 野中 美希(のなか みき、1999年10月7日 - )は、日本の歌手、アイドルであり、モーニング娘。の12期メンバーである。愛称はのなかちゃん、のなちゃん、チェル。イメージカラーはパープル。 静岡県出身。血液型A型。身長157cm。アップフロントプロモーション所属。
    19キロバイト (2,165 語) - 2020年2月18日 (火) 23:02



    (出典 cdn.helloproject.com)


    ハロプロって感じの顏ですね(@_@)

    【【モーニング娘。】野中美希がAKBセンターを公開処刑wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ