いかチャンネル

ハリウッドスターなどの海外ニュースをまとめています。
有名スターの事件や新作映画などををみなさんにお届けします。


    花田 優一(はなだ ゆういち、1995年9月27日 - )は、日本の元タレント、自由人、定職無し。後述の通り、靴作りの修行を経験し、自身の工房を持っていることから、靴職人を自称している。趣味に近い状態で靴作りを楽しんでいる。 父は第65代横綱の貴乃花光司、母はアナウンサーの河野景子、祖父は元大関の
    9キロバイト (1,188 語) - 2019年12月21日 (土) 09:05



    (出典 chirimencho.net)


    誰・・・?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/20(金) 21:26:45.38


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    元横綱・貴乃花光司氏の長男で靴職人・タレントの花田優一が12月14日に放送された「松之丞カレンの反省だ!」(テレビ朝日系)に出演し、自身の近況について語った。

    番組では講談師の神田松之丞が、花田の新しい靴工房を訪問し、さまざまな質問をぶつけた。靴職人でありながら、絵画も描き、売っている花田。現在制作中の絵には35万円の値がついているということで、マルチな展開を見せている花田に神田が「靴屋ですよね?」と問いかけると、花田は「出た出た。僕が靴だけ作っていればみんな満足?」と答え、「(靴職人として)売り出したのはそちら(メディア側)でしょ」と反論した。

    また、絵をいくらで売りたいか問われると、花田は「億でしょ」と、1億円以上で売りたいと豪語した。

    花田は次いで、最近はYouTuberも始めたと語り、「YouTubeでラジオやってみようかなって。ラジオは楽しい。炎上しても定期的に自分から発信するものがないと。記者が来て答えるだけだとつまらない」と、自ら情報を発信したい意向を示した。

    「確かに花田さんは『YUICHI HANADA Official Channel』という自身のチャンネルを開設し、週イチペースでラジオ放送をしてますね。ただ、チャンネル登録者数は17日の時点でわずか166人、放送の再生回数も毎回500回前後と、振るいません」(芸能ライター)

    ネットでは「いつのまにかYouTuberもやってるんだ、全然知らなかった」「この人はいったい何をやりたいのか」「最近テレビで全然見かけなかったな」「今回の放送で登録者伸びるかな?(笑)」「絵画に1億円!野性爆弾のくっきー!じゃあるまいし、身の程を知れ(笑)」といった反応が起きてしまっている。

    靴職人、画家、YouTuberと、良く言えばマルチに活動している花田。相撲道を極めた父・貴乃花と比較されてしまうのは不幸とも言えるが、「さすがは横綱の息子」と唸らせてほしいものだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2122794/
    2019.12.19 10:15 アサジョ


    【靴職人タレント花田優一がYouTuberデビュー!!】の続きを読む


    タピオカ (葡: tapioca、中: 木薯) は、トウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造したデンプンのこと。菓子の材料や料理のとろみ付けに用いられる他、つなぎとしても用いられる。紙の強度を上げるための薬剤の原料としても重要である。 キャッサバは、南米、北東ブラジルが原産だが、根茎に多くのデンプン
    9キロバイト (1,144 語) - 2019年12月12日 (木) 04:12



    (出典 storage.tenki.jp)


    90年代がタピオカ煮てるのはすごい!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/20(金) 09:28:24.49 ID:2AHmWQwR9.net

    12月12日放送の『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX冬の超豪華合体スペシャル!』(日本テレビ系)に、オアシズの光浦靖子(48)が出演。タピオカにハマった当時の切ないエピソードを明かす場面があった。

    この日は、10年以上前からタピオカブームが続いているという熊本をフィーチャー。その定着ぶりを取材したVTRでは、ミルクティーではなくスムージーを使った商品が支持されていることなど、東京とは違う熊本の“タピオカ事情”が次々と明かされていった。

    VTRが終わり、熊本出身のスザンヌ(33)を中心にスタジオの出演者たちがタピオカの話題で盛り上がる中、大のタピオカ好きで知られる光浦は「90年代の第1次ブームで、もう本当にタピオカ好きで」と切り出し、当時のエピソードを語り始めた。
    光浦によると、経済的に厳しかったことから、できるだけ安くすませるため、わざわざ上野にある中国食材の専門店まで行って乾燥タピオカを購入。当時住んでいたアパートまで持ち帰り、それを一人で煮ていたという。

    また、光浦は日本で流行する前に訪れた台湾でタピオカ入りのミルクティーを飲み、その味を絶賛していたと主張。

    しかし、それがいくらおいしいと周囲に説明しても、当時は誰にも理解してもらえなかったそうで、光浦はそのことが相当に悔しかったのか、「ほら見たことか、このブーム!」と皮肉り、スタジオの笑いを誘った。

    そんな中、りんご娘の王林(21)は「熊本県も光浦さんもですけど、タピオカを愛する気持ちがあるから、(タピオカが)ずっと自分の中で生きてる」と光浦のタピオカ愛を称賛。
    視聴者からもそのいちずなハマりっぷりに、ネット上では「90年代に、既にタピオカ煮てたんだ光浦さんw」「第一次はかなり古いなw」「上野で乾燥タピオカ」などといった反響が相次いでいた。

    世間のタピオカブームには、やや陰りが見え始めているが、光浦のタピオカ愛に終焉が訪れることはなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2122653/
    2019.12.19 07:20 日刊大衆


    【光浦靖子、物申す「ほら見たことか!」】の続きを読む


    深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年(昭和57年)11月2日 - )は、日本の女優。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE
    65キロバイト (6,843 語) - 2019年11月30日 (土) 11:42



    (出典 riri-news.site)


    さすが(*´ω`)

    1 バグダッドの夜食 ★ :2019/12/19(木) 21:15:13.83 ID:anBSq6h89.net

     
     女優の深田恭子(37)が19日、都内で行なわれた『2019 美的ベストコスメ大賞』発表贈呈式に出席。深田は「30代後半なので、ケアにも気をつけながら年を重ねていければ」と言い、自身の体調管理方法については「無理をしないで自分を過保護に。具合が悪いと思ったら20時とかにお布団に入ってしまいます」と独自のやり方を明かした。

     休日の過ごし方について聞かれると「洗濯したり犬と遊んだり、のんびりしています。撮影の日と比べると極端なので、何も考えなくていい時間ってこんなにも穏やかな気持ちになれるんだなと思っています」とリラックスした休みを過ごす。

     ビューティー誌『美的』(小学館)の14088人の読者が選んだ今年の“なりたい顔 No.1”に輝いたことについては「みなさんみたいにケアをきちんとやってないので、こんなに素晴らしい賞をいただいて申し訳ないです」と恐縮。美容の目標については「『運動しないと気持ち悪い』というくらいストイックな人がいるじゃないですか? そんな人になってみたい」と話し、自身のトレーニングについては「『きょうは楽チンなのでお願いします』と言ってしまう日もあって…。ダメですね。反省してます」とトレーニングもストイックに取り組んでいくことを掲げた。


    詳細はリンク先をご覧ください。

    深田恭子、30代後半の体調ケアは「自分を過保護に。具合悪いと20時にお布団」
    https://www.oricon.co.jp/news/2151375/full/ 


    【【女優】深田恭子(37)、美の秘訣は「自分を過保護に」】の続きを読む


    YouTuber(ユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主に動画共有サービスYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開し、その動画についている広告から得られる収入を元に収入を得られてる人を指す。 英語圏では「YouTuber」以外に「YouTube personality」「YouTube
    16キロバイト (2,117 語) - 2019年12月25日 (水) 16:19



    (出典 p1.pxfuel.com)


    最近はYouTubeのほうが強いイメージが(*'▽')

    1 伝説の田中c ★ :2019/12/26(木) 21:36:59.04 ID:uV+dwCsf9.net

    明石家さんま(64)が、自身は否定的な「芸能人ユーチューバー」に対し複雑な胸中を吐露した。

    さんまがパーソナリティーを務めるラジオ番組「ヤングタウン土曜日」21日放送回に、タレントの藤本美貴(34)がゲスト出演。藤本がユーチューブチャンネルを開設した話題になった。さんまは「みんな始めてるよなあ、ユーチューブにどんどん流れてるよなあ」と最近ユーチューブで活動する芸能人が増えてきたことを指摘しつつ、「最初にユーチューブができたとき、敵やってん。テレビの人間にとっては本当に敵なんですよ。敵やと思ってたら、こっちの仲間からどんどんユーチューブに流れるから、『えっ!?何がや!?』って…」と戸惑いを隠さない。

    さんま自身は、テレビで活動している間はユーチューブには手は出さないと決めているという。しかし、さんまの後輩芸人たちは「最初はそいつらも『さんまさんがテレビで敵やって言ってるからユーチューブなんか』って言ってたけど、『今はユーチューブか』って言ってて」と考えが変わってきたそう。これに対しさんまは「ここで成功すればっていうのがあるからな。みんなそうやけど生活があるから」と理解を示した。

    さらにさんまは「宮迫(博之)にしても徳井(義実)にしても、テレビ出されへんとか、まだ復帰は早いとか言うけど、あいつらも生活があるから。その点はこっちも口出しできない。そうなると『お前の好きなようにやれ』ということになる」と、芸能活動を自粛している2人にも言及。その上で、「『出すな』とかネットで批判するなら、小遣い送ってあげてほしいねん。『出んなボケ!』とか『早いわ!』とか偉そうに言うてるやつ、そう言うんやったら、SHOWROOMみたいなもの(投げ銭のあるネット配信サービス)に100円でもいいから。そんな好き勝手言うんやったら」と持論を展開した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-12220222-nksports-ent


    【芸能人YouTuberに物申す!!明石家さんま「仲間がどんどんと…」】の続きを読む

    このページのトップヘ