いかチャンネル

主に芸能人の不祥事、恋愛模様をまとめています。
芸能人たちのまさかの事件を皆様にお届けします(*´ω`)


    ANTIFA(アンティファまたはアンティーファ)は反ファシスト(アンチ・ファシスト)を意味するドイツ語の短縮形で、主に以下を意味する。 反ファシスト運動全般 - 反ファシズムを参照 1932年から1933年にかけて存在したドイツの反ファシスト運動(略称:ANTIFA)
    18キロバイト (2,058 語) - 2020年6月5日 (金) 08:54



    (出典 am21.mediaite.com)


    一体何が事実なのやら((+_+))

    1 令和大日本憂国義勇隊(光) [VN]

    sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon02.gif

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【ANTIFAの正体を巡ってフェイクニュースまでも流れてる件】の続きを読む


    ベルサイユのばら (宝塚歌劇) ミュージカル『マリー・アントワネット』 - 原作:遠藤周作『王妃マリー・アントワネット』 ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』 舞台劇『首のない王妃・マリーアントネットのその後』 - 博品館劇場2011年9月舞台、武田光太郎主演。 オペラ『ヴェルサイユの幽霊(英語版)』
    85キロバイト (11,536 語) - 2020年6月4日 (木) 00:44



    (出典 meigen.club)


    処刑したパリ市民の判断は正しかったと言うことですね((+_+))

    1 すらいむ ★

    王妃アントワネットとフェルセン伯のラブレター、黒塗り部分の解読に初成功

     【AFP=時事】仏国立公文書館(French National Archives)は3日、フランス革命中に処刑された王妃マリー・アントワネット(Marie Antoinette)が恋人のフェルセン伯爵(Count de Fersen)と交わした手紙の中で、インクで塗りつぶされ判読不能となっていた箇所の解読に成功したと発表した。

     王妃とフェルセン伯は、1789年の仏革命から2年後も手紙のやりとりを続けていた。
     当時、王妃と夫の国王ルイ16世(Louis XVI)はパリ脱出に失敗し、チュイルリー宮殿(Tuileries Palace)で幽閉生活を送っていた。

     今回、新技術を用いて解読されたラブレターの一部は、王妃とフェルセン伯の親密さをいっそう裏付けるものだ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    AFPBB News 2020年6月4日 17時21分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18365810/


    【【速報】マリー・アントワネットのラブレター解読に成功したぞ!!】の続きを読む


    養子縁組(ようし えんぐみ、表記揺れ:養子縁組み)とは、具体的な血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させることをいう。英語では "adoption" といい(第2義)、日本語にもこれを音写した外来語「アダプション」「アドプション」がある。 この関係によって設定された親・子を、現代日本語では、
    47キロバイト (7,440 語) - 2020年4月27日 (月) 12:58



    (出典 happyeiga.com)


    ほんとに起きるとは…怖すぎますね((+_+))

    1 鬼畜の和洸 ★

     米ホラー映画「エスター」は、養子として迎えた9歳の少女が、実は33歳の発育不全の大人であり、里親の殺害を企てるという話だが、現実にも同様の事件が起こっていたことがこの度明らかになった。

     英紙「The Telegraph」(9月14日付)などによると、養女の育児を放棄した罪に問われている米国人女性クリスティン・バーネットが、実は養女は“子ども”ではなく22歳の大人であると明らかにしたという。

     養女の名はナタリア・グレイス。ウクライナ出身で、2010年に養子として米インディアナ州に住んでいたバーネット夫妻に迎え入れられた。
    その時に聞かされた年齢は8歳だったという。
    家族の1人として心から愛することを誓っていたクリスティンだが、ナタリアの異常が徐々に明らかになるに連れ、疑いを深めていった。

     まず、ナタリアは人形やおもちゃなど子どもの遊び道具には一切興味を示さず、10代の女の子と遊ぶことを好んだそうだ。
    また使用する語彙も8歳のそれを遥かに上回るものだったという。
    ナタリアはウクライナ出身であるはずなのに、彼女の話す英語には外国語訛りがなく、おかしなことにウクライナ人の友人にナタリアにウクライナ語で話すよう仕向けたところ、彼女は自分の故郷のことすら上手く答えることができなかったそうだ。

     また、ナタリアが大人の女性である身体的証拠も見つかった。
    ある日、クリスティンは血のついたナタリアの服を見つけたのだ。
    それは明らかに月経の痕跡であったという。そして、ナタリアの陰部は8歳の少女には似つかわしくない陰毛にびっしりと覆われていたそうだ。

     こうした性格や身体と年齢の不一致から、クリスティンはナタリアが10代なのではないかと疑い、かかりつけ医にナタリアの骨密度測定を依頼した。
    その結果、ナタリアは14歳かそれ以上の年齢であることが判明したという。
    それでもクリスティンは、そのことを受け入れ、変わらぬ愛情を注いだそうだ

     だが、この時からナタリアの行動が常軌を逸し始めたという。
    赤ん坊を攻撃したり、子どもっぽいものを嘲笑するような態度を取るようなになっていったそうだ。
    2011年には、自分の血でバスルームの鏡にバーネット夫妻を脅迫する文言を書くこともあったという。
    他にも深夜に眠っているバーネット夫妻を気味悪く見下ろしていたこともあり、身の危険を感じ家中の刃物を隠したそうだ。
    さらに、クリスティンのコーヒーにナタリアが漂白剤を入れているのを見つけ、問い質したところ、「毒殺してやる」と答えたというから恐ろしい。

     さらに、ナタリアには大人しか発症しないいくつかの精神病が見られ、2012年頃には精神病院に数日~数週間の治療入院をすることもあったそうだ。
    ところが、治療もあまり効果がなかったようで、同年の誕生日会でナタリアはクリスティンを電気フェンスに押し付けようとしたという……。

     自身の身の危険を感じたクリスティンは再びナタリアの年齢測定を依頼。この時は18歳だと結論された。
    医師の1人はバーネット夫妻に「ナタリアが2003年生まれというのは明らかな・・・・・・・(以下略)

    ※続きは記事元でご覧下さい。(記事元に幼女風情の画像有り)
    〔記事元〕⇒https://tocana.jp/2019/09/post_115608_entry.html


    (出典 tocana.jp)


    【まるでエスター!?8歳少女を養子に迎えたら実は22歳だったンゴwwwww】の続きを読む


    B級映画(ビーきゅうえいが、B-movie及びB-Pictures)とは、1930年代のアメリカで始まった短期間の撮影、低予算で、上映時間も限定されたなかで製作された映画のことである。1932年からアメリカ合衆国の映画界で二本立て興行の中で添え物として上映されて、やがてハリウッド映画
    32キロバイト (5,616 語) - 2020年5月27日 (水) 13:43



    (出典 koukasnote.com)


    設定がおもしろいですよね(*´ω`)

    1 風吹けば名無し

    養子で引き取った女の子が実は33歳で
    父親と男女の関係になるために家庭崩壊させようとするも結局相手にされなくて最後は父親を殺すんやけどめっちゃ怖かったわ


    【【B級映画】エスターとかいうホラー映画こわすぎわろたwww】の続きを読む

    このページのトップヘ